来日記者会見に臨むトム・クルーズ=内藤絵美撮影

来日記者会見に臨むトム・クルーズ=内藤絵美撮影

2022.5.23

トム・クルーズ来日会見 続編を考え続け、準備してきた36年だった「トップガン マーヴェリック」

公開映画情報を中心に、映画評、トピックスやキャンペーン、試写会情報などを紹介します。

ひとしねま

ひとシネマ編集部

5月27日の「トップガン マーヴェリック」公開に合わせ、トム・クルーズが約4年ぶりに来日した。同23日、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーとともに東京都内で開いた記者会見では、映画に全てをささげる覚悟と愛情をたっぷりと語った。


プロデューサーのジェリー・ブラッカイマー(左)とトム・クルーズ

映画の推し事:映画への愛を惜しまない「トップガン・マーヴェリック」 金子裕子

シネマの週末 この1本:トップガン マーヴェリック 満を持し破格の熱さで

予定より20分早く開始

同18日には「トップガン マーヴェリック」が特別上映されたカンヌ国際映画祭で名誉パルム・ドールを受賞したばかりで、休む間もなく日本上陸。この日は早々に記者会見会場に到着し、予定よりも20分も早く始まった。前作「トップガン」から36年ぶりの続編公開とあって、並々ならぬ思い入れがうかがえる。
 
トム・クルーズ(TC)「続編製作までに時間がかかったのは、準備が整わなかったから。観客がコックピットにいる感覚を持てる映画にしたかったんだ」
 
ジェリー・ブラッカイマー(JB)「トムと映画を撮るのは、本当に空中で撮影するということ。トムはF18戦闘機に俳優を乗せるために、3カ月の訓練計画を作った。F18に乗れば体に7~8Gの負荷がかかる。その耐性をつけるためだ。『トップガン』でも俳優をF14戦闘機に乗せたのだが、使えたのはトムの映像だけ。他の俳優は吐くか失神するかだったよ。今度は全部リアル。俳優は、飛行機が上昇する時は実際に上昇したし、下降する時は下降している」
 


何十年も、操縦しながら「どう撮るか」

クルーズは自身も操縦免許を持つ。実際に飛行機を操縦した「バリー・シール/アメリカをはめた男」(2017年)や、ヘリコプターのアクションがあった「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」(18年)と、自身の関わった作品で経験を積んだという。
 
TC「『トップガン』でも小型カメラを開発したが、その後何十年も、自分でも操縦しながら、どう撮るかを考え続けた。『バリー・シール』では機体にカメラを付けて撮影したし、『フォールアウト』ではヘリの空撮もあった。合成用のグリーンバックは使わないと決め、海軍にも、飛行機を借りるだけでなく、物語を理解したうえで協力してもらった」
 
そして、一番大切なのは物語だと強調する。正しく伝えるために、納得するまで挑戦し続けた。
 
TC「撮って、撮り直して、また撮り直す。ストーリーが王様なんだ。物語をどう語るか、どんな感情を伝えるか、そのためにどのレンズを使うか。なければ開発もした。空撮には多くの訓練が必要だ。スタジオや俳優、撮影監督らみんなを教育する必要があった。撮影当日の朝、この地形を撮りたいと言って実際に撮ったこともあった。正しいストーリーを伝え、感じてもらうためだ。」
 
「スタジオにはフィルムを送らなかったから、何が起きてるか分かっていなかっただろうね。だから、なんでこのやり方なのかと言われ続けたよ。けれど、一部を短く編集して大スクリーンで見せたら『なんてこった。いいよ、続けてくれ』とね」
 

劇場では浅く腰掛けて

前作から36年、一線で走り続け、「マーヴェリック」でも、若きトップガンに先んじて奮闘する。どうやって自分を維持しているのか。
 
TC「一生懸命仕事をしてきた。シンプルに。子どもの頃から好奇心が盛んで、人間を知りたい、世界を見たいと思ってきた。他の国に行って、他の国についての映画を作るのが好きなんだ。中でも、(日本が舞台の)『ラストサムライ』は特別な体験だった。準備のために2年間、毎日5時間トレーニングしたよ。全てのスキルを使って、観客を楽しませたい」
「この映画を見て、笑顔になってほしい。劇場では座席に浅く座って、前のめりで見てもらいたいな」
 
撮影の話になると熱が入って止まらず、途中で「話しだしたらきりがないよ、これでも短くしてるんだ」と釈明する場面も。カメラの放列の求めににこやかに応じ、深々と一礼して退場。映画への情熱が、全身にみなぎっていた。

トップガン マーヴェリック

エリート・パイロットチーム“トップガン”に、伝説の男マーヴェリック(トム・クルーズ)が教官として帰ってきた。任務は、世界の危機を回避する極秘ミッションを達成するために集結した若きトップガンたちの訓練。が、その中にはマーヴェリックのかつての親友グースの息子ルースター(マイルズ・テラー)がいた。父の死はマーヴェリックに責任があると信じている彼はことごとく反発するが……。

ライター
ひとしねま

ひとシネマ編集部

ひとシネマ編集部

カメラマン
ひとしねま

内藤絵美

ないとう・えみ 毎日新聞写真部カメラマン

新着記事