トップガン マーヴェリック©2022 PARAMOUNT PICTURES. CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.

トップガン マーヴェリック©2022 PARAMOUNT PICTURES. CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.

2022.5.27

この1本:トップガン マーヴェリック 満を持し破格の熱さで

毎週公開される新作映画、どれを見るべきか? 見ざるべきか? 毎日新聞に執筆する記者、ライターが一刀両断。褒めてばかりではありません。時には愛あるダメ出しも。複数の筆者が、それぞれの視点から鋭く評します。筆者は、勝田友巳(勝)、高橋諭治(諭)、細谷美香(細)、鈴木隆(鈴)、山口久美子(久)、倉田陶子(倉)、渡辺浩(渡)。

「トップガン」(1986年)でスターとなったトム・クルーズが、満を持して製作した続編だ。マーヴェリック(クルーズ)は退官間際の年齢のはずだが、まだ大佐。テストパイロットとして戦闘機に乗り続け、相変わらず現場でムチャをする。年下の上官に疎んじられて、戦闘機を降ろされそうになる。しかし、提督にまで上り詰めた盟友アイスマン(ヴァル・キルマー)の計らいで、古巣のミラマー基地に転属した。

ここでの任務は、某国のウラン精製工場破壊作戦に参加する、若きトップガンの訓練だ。敵のレーダーとミサイル網をかいくぐり、複雑な地形を縫って飛ぶ命がけの作戦。鼻っ柱の強い若者たちを、悩みながら導くことになる。

クルーズが30年以上にわたって構想を練り、その間蓄えた経験や知識を投入したという。俳優たちに音速の圧力に耐える訓練をした上で戦闘機に乗せ、操縦席に設置するカメラを開発して撮影した。

どんな絵柄でもコンピューターで創造可能な時代。兵士が課されたミッションはゲームのように現実味がないから、他の作品なら安っぽくなるところ。前作で死んだ相棒の息子、ルースターとの確執、古なじみとして登場するペニー(ジェニファー・コネリー)との恋模様も定石通り。それでも、資金と労力を惜しまず費やして作った映像の迫力は本物だ。

前作をなぞる場面も織り込み、音楽も踏襲。80年代風の映像と合わせて前作のトニー・スコット監督に敬意を払いつつ、スケール感は比較にならない。おいしいところは全部マーヴェリックがさらうトム様映画だが、息子ほどの兵士と半裸でビーチフットボールをして遜色ないマーヴェリックを、他の誰が演じられようか。

前作を知らずとも、熱気に当てられるだろう。ここまでされたら脱帽するしかない。ジョセフ・コシンスキー監督。2時間11分。東京・TOHOシネマズ日比谷、大阪・TOHOシネマズ梅田ほか。(勝)

ここに注目

トム・クルーズが体現したマーヴェリックは、限界超えに挑み続ける男として描かれる。そんな常識破りの主人公の情熱を最大限に強調すべく、本作では途方もなく難易度の高いミッションが用意された。今のご時世、他国の領空を侵犯して破壊工作を行うなんて「国際法違反だ」とつい思ってしまうが、心配は無用。4機のF18が山岳地帯の谷間を猛スピードで低空飛行していく、クライマックスのスペクタクルに興奮また興奮。怒濤(どとう)のスカイアクションと情感たっぷりのドラマが混然一体となり、特別なカタルシスを堪能できる。(諭)

ここに注目

前作は小学生の頃に見たきりで内容はうろ覚えだったが、テーマ曲「デンジャー・ゾーン」が流れると、派手なアクションに彩られた作品の世界観が一気によみがえった。マーヴェリックは相変わらず破天荒で、やんちゃな少年のよう。スピード感あふれるアクロバティックなシーンは目が回りそうなほど、臨場感にあふれ、自分がパイロットになったのかと錯覚してしまう。マーヴェリックに対して葛藤を抱えるルースターとの師弟関係は胸にぐっとくるものがあった。アイスマンとの再会も、前作のファンにはたまらないはず。(倉)

「トップガン マーヴェリック」トム・クルーズ 限りない映画への愛と貢献 金子裕子

トム・クルーズ来日会見 続編を考え続け、準備した36年

トップガン マーヴェリック

エリート・パイロットチーム“トップガン”に、伝説の男マーヴェリック(トム・クルーズ)が教官として帰ってきた。任務は、世界の危機を回避する極秘ミッションを達成するために集結した若きトップガンたちの訓練。が、その中にはマーヴェリックのかつての親友グースの息子ルースター(マイルズ・テラー)がいた。父の死はマーヴェリックに責任があると信じている彼はことごとく反発するが……。