北九州市門司区松永文庫にて松永武室長(2011年11月25日撮影)

北九州市門司区松永文庫にて松永武室長(2011年11月25日撮影)

2022.4.02

原点~北九州と高倉健さん 番外編

2021年生誕90周年を迎えた高倉健。
昭和・平成にわたり205本の映画に出演しました。
毎日新聞社では3回忌の2016年から約2年全国10か所で追悼特別展「高倉健」を開催しました。
その縁からひとシネマでは高倉健を次世代に語り継ぐ企画を随時掲載します。
Ken Takakura for the future generations.
神格化された高倉健より、健さんと慕われたあの姿を次世代に伝えられればと想っています。

ひとしねま

長谷川容子

2014年11月に83歳で亡くなった高倉健さんのメモリアルイベント「健さんに逢いたくて」(毎日新聞社などの実行委員会主催)が翌15年11月15日、北九州市小倉北区の北九州国際会議場で開かれました。このイベントの事前に西部本社版にて掲載された特集の最終回。高倉さんの原点ともいえる北九州での足跡を振り返ります。全国では蔓延防止等重点措置も解除されました。旅情も感じてもらいたいと再掲載しました。
*()内の年齢は掲載当時のもの

高倉さんの北九州での足跡を追った連載「原点~北九州と高倉健さん」に盛り込んでいないエピソードを、番外編として紹介する。

◇新しい服が嫌

「洗いざらしが好きなんですよ。革のジャンパーもジーンズも新しいのが嫌で、わざわざ汚したり、着古した感じにしたりして着ていた」。門司区在住の映画プロデューサー、田中壽一さん(81)は「居酒屋兆治」「駅STATION」など4本の映画と多数のCMで一緒に仕事をした高倉さんの素顔について語る。

◇撮影前に日焼け

「撮影の1カ月前になると必ずロサンゼルスの小さな定宿に行くんです。あの人、実は色白でね。屋上のジェットバスに入って日焼けして準備するんです」。高倉さん主演の映画は、キャスティングに苦労しなかったという。「どの俳優も出演をOKしてくれる。現場での健さんの姿勢は映画界で評判だったから、みんな安心して飛び込んできちゃう。亡くなっても毎週のように出演作品が放送されているのは健さんだけ。若いころは不遇な時代もあったが、幸せな役者だと思います」

◇気軽にサイン

田川映画愛好会事務局長、重藤哲男さん(75)=田川市桜町=と、同会顧問、山北晴美さん(82)=川崎町田原=はともに元川崎町役場職員で、広報編集委員として1971年、町内であった「日本女俠伝 血斗乱れ花」のロケを取材した。主演は富司純子さん。高倉さんは撮影の合間に公民館に休息に来て、昼休み中の役場職員に囲まれると気軽に写真撮影やサインに応じていたという。「リラックスした感じでした」と重藤さん。山北さんは「当時はカメラを持っている人が少なかったから貴重な記録になった」と懐かしむ。

◇これでまた火がついたね

門司区西海岸の映画芸能資料館「松永文庫」の松永武室長(80)は11年秋、門司港もロケ地となった映画「あなたへ」の撮影の合間に、同文庫を訪れた高倉さんを案内した。高倉さんは40分近く松永さんと映画について語り、松永さんが長年かけて切り抜いてきた新聞記事のスクラップに見入って「これでまた火がついたね」と言葉を漏らした。松永さんは「帰り際、『また会いましょう』と声をかけてくれた。多くの人に愛された映画の職人を、資料を通じて語り継いでいきたい」と話す。(15年11月15日 西部本社北九州版紙面より)

松永文庫
https://www.matsunagabunko.net/
福岡県北九州市門司区西海岸1-3-5
徒歩で
JR門司港駅より                    約5分
関門連絡船「門司港桟橋」より 約4分
車で
関門自動車道「門司港IC」より       約7分
北九州都市高速「春日ランプ」より 約5分
九州自動車道「門司IC」より        約8分
​※当館専用駐車場はありませんので、
​ お近くの有料駐車場をご利用ください。

居酒屋兆治

函館の居酒屋を舞台に、そこに出入りする人間群像を主人の目を通して描く。函館で小さな居酒屋を妻(加藤登紀子)とともに構えている兆治こと藤野英冶(高倉健)。後輩の岩下(田中邦衛)、酒乱気味のタクシー会社社長・河原(伊丹十三)たちで店は賑わっている。英冶にはかつての恋人さよ(大原麗子)との苦い過去があった。さよの縁談に無職だった英冶は反対できなかったのだ。しかし、さよは英冶を想い続けていた。(追悼特別展「高倉健」図録より)

駅 STATION

倉本聰によるオリジナル脚本の映画化。オリンピックの射撃選手でもあった刑事・三上(高倉健)と3人の女との運命的な出会いと別離が描かれている。第1部は「直子」。北海道の銭函駅で妻・直子(いしだあゆみ)と三上は別れる。妻の浮気が潔癖な三上にとっては許せなかったのだ。第2部「すず子」。三上は連続殺人事件の犯人・吉松(根津甚八)を追って増毛駅に来た。吉松は駅前食堂で働くすず子(烏丸せつこ)の兄で、近親相姦的愛情で結ばれているようだった。警察はすず子の恋人(宇崎竜童)の手引きで吉松を逮捕する。第3部「桐子」。三上は年末の30日、増毛に降り立った。三上は赤ちょうちんの飲み屋に入り、おかみの桐子(倍賞千恵子)と情を交わすようになる。だが、桐子の情夫は三上が追っている殺人犯(室田日出男)だった。(追悼特別展「高倉健」図録より)

あなたへ

高倉健、205本の出演作にして遺作。亡くなった妻の思い出を胸に富山から長崎へと旅するロードムービー。富山県の刑務所で指導技官として働く英二(高倉健)。そんな英二のところに亡くなった妻・洋子(田中裕子)が生前にしたためた手紙が届く。そこには故郷・長崎の海に散骨してほしいと書かれていた。英二は生前、洋子が語らなかった真実を知るために退職して、車で長崎へと向かった。富山から長崎へ。道中、さまざまな人々と交流するうちに、妻との思い出がよみがえってくる。(追悼特別展「高倉健」図録より)

日本女俠伝 血斗乱れ花

藤純子の人気シリーズ4作目。明治中期の大阪船場。呉服商のひとり娘・平野てい(藤純子)は、婿養子の藤吉(津川雅彦)と店を切り盛りしていた。だが藤吉は石炭事業に取りつかれていて落盤事故で死亡。炭鉱を継いだていは川船頭の吉岡(高倉健)を知るが、彼は傷害事件を起こし刑務所に入ってしまう。それから7年。問屋組合長の大島(大木実)は平野鉱山を乗っ取ろうとしていた。出所した吉岡は大島のあこぎさに怒り殴り込みをかける。(追悼特別展「高倉健」図録より)

ライター
ひとしねま

長谷川容子

毎日新聞記者

カメラマン
ひとしねま

佐藤敬一

毎日新聞元記者