「零落」 ©2023浅野いにお・⼩学館/「零落」製作委員会

「零落」 ©2023浅野いにお・⼩学館/「零落」製作委員会

2023.3.17

特選掘り出し!:「零落」 もがく漫画家、赤裸々に

毎週公開される新作映画、どれを見るべきか? 見ざるべきか? 毎日新聞に執筆する記者、ライターが一刀両断。褒めてばかりではありません。時には愛あるダメ出しも。複数の筆者が、それぞれの視点から鋭く評します。筆者は、勝田友巳(勝)、高橋諭治(諭)、細谷美香(細)、鈴木隆(鈴)、山口久美子(久)、倉田陶子(倉)、渡辺浩(渡)、木村光則(光)、屋代尚則(屋)。

浅野いにおの漫画「零落」を映画化した。孤独と憂鬱、いらだちの中でもがく漫画家の姿を赤裸々に描いた。映画はしだいに一漫画家の内面を超え、作品を生み出す表現者、仕事や生き方に苦悩する現代人の葛藤へといざなう。

長期連載を終えた漫画家深澤(斎藤工)は、「売れる」という価値観がはびこる現実に嫌気がさす。アシスタントと折り合いが悪く、編集者の妻(MEGUMI)との離婚にも直面する。仕事から逃避する中で、風俗嬢のちふゆ(趣里)との時間にすがり始める。

深澤が抱えるむなしさ、空虚感は愚かでぶざまにも見える。自己愛が強く、妻ら周りの女性には自身を分かってほしいだけ。ちふゆにのめり込むのは、深澤を傷つけない距離感と関係性だからだ。

竹中直人監督は、自分勝手な男に苦悶(くもん)と癒やしを与え、決して切り捨てようとはしない。夜の町のもやがかかったような湿り気のある映像が深澤の心情に映える。漫画家としての自身を突き詰め、世間の評価と自己の内なる声との乖離(かいり)にさいなまれる姿を浮き彫りにする。人生の踊り場を経て多くの人が求めるものに回帰する終末は実に残酷だ。2時間8分。東京・テアトル新宿、大阪・なんばパークスシネマほか。(鈴)