第76回毎日映コンスポニチグランプリ新人賞 和田庵

第76回毎日映コンスポニチグランプリ新人賞 和田庵

2022.2.17

スポニチグランプリ新人賞 和田庵「茜色に焼かれる」お芝居したいとほんとに思う

日本映画大賞に「ドライブ・マイ・カー」

男優主演賞 佐藤健「護られなかった者たちへ」
女優主演賞 尾野真千子「茜色に焼かれる」


第76回毎日映画コンクールの受賞作・受賞者が決まりました。2021年を代表する顔ぶれが並んでいます。受賞者インタビューを順次掲載。
1946年、日本映画復興を期して始まった映画賞。作品、俳優、スタッフ、ドキュメンタリー、アニメーションの各部門で、すぐれた作品と映画人を顕彰しています。

勝田友巳

勝田友巳

留学後の再出発「好スタートが切れた」


石井裕也監督の「茜色に焼かれる」で、尾野真千子演じる良子の息子、純平を演じた。カナダ留学から戻ってすぐに役を射止め、「大変だった」という撮影を夢中で乗り切った。尾野の女優主演賞と、共演の片山友希もスポニチグランプリ新人賞を同時受賞。「好スタートが切れました」と晴れやかによろこびを語った。
 
オーディションに応募し、3次審査まであるはずが一発合格。知らせを受けた母親がまず動転し、「早口すぎて何言ってるか分からなかった」。自身も「台本を読んだら荷が重くて、どうしよう」と驚いたとか。

 


「尾野真千子さんが、びっくりするくらいいい人で」

「テレビっ子だったから、憧れていた」という芸能界に、8歳で足を踏み入れた。中学に入ってから、語学力をつけて人間の幅を広げたいと、芸能活動を休んでカナダに留学。ところがコロナ禍のために予定を短縮し、1年半で帰国して最初に受けたのが「茜色に焼かれる」のオーディションだった。
 
「まさか受かるとは思ってなくて。お芝居も久しぶりでプレッシャーがすごくて、めちゃくちゃ大変でした」。尾野とは初めての共演。「大女優じゃないですか。すごい怖い人だと思っていて、覚悟して現場に行ったらびっくりするくらいいい人で。現場が沈んでいても、尾野さんが来ると、パーッと明るくなるんです」
 
良子は夫を事故で亡くし、営んでいたカフェはコロナ禍で閉店。その後の勤め先もクビになって、風俗店で働きながら純平を育てている。「まあ、頑張りましょ」が口癖で、ひどい仕打ちにもそういって平気なふりをする。純平は成績優秀で純情な少年で、良子に甘える一方、時にやきもきしながら支えるしっかり者でもある。
 


純平とはかけ離れたたアウトドア派

「純平は読書が好きで勉強が得意で、インドアだと思うんですけど、そこは僕とはかけ離れてる。僕は公園で遊ぶのが好きで 勉強はすごく苦手なんですよ」。自身はスケートボードに夢中で、留学先のカナダでもスケボーばかりしていたとか。それでも「ああいうお母さん好きです。『まあ頑張りましょ』と、うちの母もよく言うんですよ」。
 
緊張して臨んだ現場で「最初は全然、台本の意図を読み取れていませんでした。監督から『そこは違うな』と指摘されて、徐々に慣れていった」。「気さくなお兄さんみたい」という石井監督に導かれ、尾野や片山にも助けられて、純平を印象深く演じた。「コロナ禍のすごい不条理な世界で、純平と良子は2人で必死に生きて闘っている。純平は良子が大好きなんだけれど、素直に表に出したりしない。そこはちょっと、複雑でした」
 
芸能活動の再開を、幸先良くスタート。「お芝居したいと、今はほんとに思いますね。カナダに行く前は、監督の指示に従うだけで何も考えてませんでしたけど、何にでもチャレンジしたいです」。出てくる言葉も表情も、初々しさでいっぱいだった。

茜色に焼かれる

夫を事故で失った良子(尾野真千子)は、ひとりで息子を育てている。コロナ禍で営んでいたカフェが閉店し、スーパーのバイトと風俗店での仕事を掛け持ちして生活費をまかない義父の施設入居費を払う。良子は「夫の死への謝罪がない」と賠償金の受け取りを拒否し、苦労や屈辱を「頑張りましょう」と受け流す。第68回「舟を編む」で日本映画大賞、監督賞の石井監督が、今の世相を取り込んで、懸命に生きる母親の姿を描く。

ライター
勝田友巳

勝田友巳

かつた・ともみ ひとシネマ編集長、毎日新聞学芸部専門記者。1965年生まれ。90年毎日新聞入社。学芸部で映画を担当し、毎日新聞で「シネマの週末」「映画のミカタ」、週刊エコノミストで「アートな時間」などを執筆。

カメラマン
ひとしねま

小川昌宏

おがわ・まさひろ 毎日新聞写真部カメラマン

新着記事