「ポトフ 美食家と料理人」 ©Stéphanie Branchu©2023 CURIOSA FILMS- GAUMONT - FRANCE 2 CINEMA

「ポトフ 美食家と料理人」 ©Stéphanie Branchu©2023 CURIOSA FILMS- GAUMONT - FRANCE 2 CINEMA

2023.12.15

「ポトフ 美⾷家と料理⼈」 五感の全てを刺激する料理の演出

毎週公開される新作映画、どれを見るべきか? 見ざるべきか? 毎日新聞に執筆する記者、ライターが一刀両断。褒めてばかりではありません。時には愛あるダメ出しも。複数の筆者が、それぞれの視点から鋭く評します。筆者は、勝田友巳(勝)、高橋諭治(諭)、細谷美香(細)、鈴木隆(鈴)、山口久美子(久)、倉田陶子(倉)、渡辺浩(渡)、木村光則(光)、屋代尚則(屋)、坂本高志(坂)。

19世紀末のフランス。食を芸術にまで高めた美食家・ドダン(ブノワ・マジメル)と、彼が構想する料理を完璧に仕上げる天才料理人・ウージェニー(ジュリエット・ビノシュ)の物語。2人の名声はヨーロッパ各国にまで広がっていた。ある時、ユーラシア皇太子から晩さん会に招待されたドダンは、その返礼に、家庭的な料理ポトフで皇太子をもてなそうとする。

見せ場は何といっても、ウージェニーが料理を作る過程のこの上ない美しさ。素材選びから盛り付けまで繊細さを追求し、演出する姿はまさに芸術の域。流麗で的確なカメラワークは、視覚だけでなく五感全部を刺激する。シンプルな厨房(ちゅうぼう)や野菜畑、庭園の青葉までもが「食」を祝福しているかのようだ。2人の関係性も互いへの敬意と信頼の上に築かれていて心地よく、キッチンに差し込む陽光のように穏やかで温かい。料理と人の営みから豊かな人生も垣間見える。願わくば2人のドラマをもう少し味わってみたかった。トラン・アン・ユン監督がカンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した。2時間16分。東京・シネスイッチ銀座、大阪・シネ・リーブル梅田ほか。(鈴)

ここに注目

出てくる料理がとにかくどれもおいしそう。色鮮やかな食材、肉を焼くジューッという音やパイのサクッとした食感がスクリーンから伝わり、どんな味や匂いがするのだろうと想像力がかき立てられる。盛り付けられた料理はもちろん、調理の過程にも美しさがあり、食も芸術になり得るのだと実感した。(倉)

関連記事

新着記事