(C)2022「さかなのこ」製作委員会

(C)2022「さかなのこ」製作委員会

2022.6.27

「さかなのこ」“好き”があふれ出す、本ポスター&本予告映像を解禁!!主題歌はCHAIが書き下ろした「夢のはなし」

公開映画情報を中心に、映画評、トピックスやキャンペーン、試写会情報などを紹介します。

ひとしねま

ひとシネマ編集部

 日本中の誰もが知るあの“さかなクン”の半生を、主演・のん×監督・沖田修一がユーモアたっぷりに描く、沖田作品の集大成とも言える映画「さかなのこ」(毎日新聞社など製作委員会)が、この夏ギョギョッと誕生!
原作はさかなクン初の自叙伝「さかなクンの一魚一会 〜まいにち夢中な人生!〜」(講談社刊)。子供の頃からお魚が大好きだったさかなクンが、たくさんの出会いの中でやがて“さかなクン”になるまでを描いた原作を、劇作家や映画監督でもある前田司郎が、フィクションも織り交ぜながら沖田監督と共にシナリオとして大胆にアレンジ。前田司郎と沖田監督は「横道世之介」以来のタッグとなる。主演をつとめるのは、のん。子供のように天真爛漫で好きなことに一直線、周囲の人間をいつのまにか幸せにする不思議な魅力にあふれた主人公“ミー坊”を、性別の垣根を越え生命力いっぱいに演じている。
 
先日、原作者のさかなクンも“ギョギョおじさん”としての出演が発表され話題となった本作。
 
この度、“好き”があふれ出す、本ポスター&本予告映像を解禁!!
さらに、本作の主題歌が、今注目の“NEOかわいい”次世代4人組バンド、
CHAIが書き下ろした「夢のはなし」に決定いたしました!!
 



「ずっと大好き。それだけで、人生はミラクル。」という前向きでストレートなキャッチコピーとともに、頭の上にはクラフト感満載のキュートなおさかながいっぱいに彩られ、白衣もネクタイも全てにおさかながあしらわれているミー坊の姿が!海の中で大好きなおさかなと戯れているようなドリーミーで愛らしいポスターが完成した!!
また、あわせて解禁された本予告では、パスカルズによるキャッチ―でポップな音楽が流れる中、柳楽優弥が演じる幼馴染みのヒヨや夏帆が演じる同級生のモモコ、磯村勇斗や岡山天音が演じる地元の不良たちと絆を深めたり、井川遥が演じる母親に温かく見守られながら、主人公のミー坊がおさかな一直線に人生を歩んでいく様子が描かれている。

完成した作品を鑑賞したさかなクンが
沖田監督様が「さかなクンの映画であってさかなクンの映画ではない」とおっしゃる通りの映画でギョざいます。「あ、こんなことあったなー」というところもあれば、「新たな世界観だ!」と先の展開にワクワクドキドキするところもあり。まさに!!ミー坊になって「さかなのこ」の世界に溶け込んで、嬉しい、楽しい、悲しい、面白い、切ないといったいろんな感情になりました。
と語るように、教室でおさかなの絵を夢中で描き、海水浴に行けば大きなタコを素手で捕まえ、夕飯には魚料理を食べるという猛烈な“おさかな愛”を発揮する小学生のミー坊に、周りの子供と少し違うのではと、三宅弘城が演じる父親が少し心配する場面も――。“いつかお魚博士になりたい”という大きな夢を持ち、水族館で働いてみたり、お寿司屋さんで働いてみるもののなかなかうまく行かない――。「どうして好きなだけじゃ、ダメなんだろう」。悩み立ち止まるミー坊に「あの子はお魚が好きで、お魚の絵を描いて、それでいいんです」と背中を押す母・ミチコ。“そのままできっと大丈夫”とありのままの姿を肯定してくれる母や友人たちの温かな想いを受けて、ミー坊は好きを邁進していく。好きなことをずっと好きで居続けることの難しさと同時に、迷い立ち止まっても、何かに夢中になることの尊さや輝きを知るすべての私たちに贈る、とびきり優しくて、とびきりポジティブな予告編が完成した。
 
さらに、本作の主題歌が“NEO かわいい” 4 人組バンド、CHAIが本作のために書き下ろした「夢のはなし」に決定!ユーモラスで愛情に溢れたミー坊の人生らしい、ポップでキラキラとした優しい主題歌となっている。作詞を担当したユウキ(Ba)は、楽曲について以下のようにコメント。誰に何を言われても好きなことを真っすぐに追いかけ続け、その純粋な“好き”がまわりの皆も笑顔に変えていくミー坊の人生を象徴するパワフルな1曲にも要注目だ!
 
【コメント】CHAI  ユウキ(Ba)
人生でたまらなくサイコー!って感じる時は、どうしたって好きなことを好きな様にやっている時だと思う。夢に見るほど好きな事こそ、夢で終わらせてたまるかー!どんな事でも、やっぱり好きに勝るもの無しだ!映画を見て感じたこんな気持ちを曲に込めました。-ユウキ

さかなのこ

お魚が大好きな小学生“ミー坊”は、寝ても覚めてもお魚のことばかり。お魚を、毎日見つめて、毎日描いて、毎日食べて。他の子供と少し違うことを心配する父親とは対照的に、母親はミー坊を信じて応援し、背中を押し続けるのだった。高校生になり相変わらずお魚に夢中のミー坊は、町の不良ともなぜか仲良し、まるで何かの主人公のようにいつの間にか中心にいる。やがて1 人暮らしを始めたミー坊は、思いがけない出会いや再会の中で、たくさんの人に愛されながら、ミー坊だけが進むことのできるただ一つの道にまっすぐに飛び込んで行くーー。

ライター
ひとしねま

ひとシネマ編集部

ひとシネマ編集部