わたしの幸せな結婚

わたしの幸せな結婚

小説投稿サイト「小説家になろう」で連載を開始。2019年に小説とコミックが刊行されると、シリーズ累計発行部数が550万部超え(2022年12月時点/コミック・電子書籍含む)を記録した人気のラブストーリーの実写映画化。
メガホンをとったのは、「コーヒーが冷めないうちに」(2018年)の塚原あゆ子監督。美しくも冷酷な久堂清霞(くどう きよか)を演じるのは、本作が映画単独初主演となる目黒蓮(Snow Man)。名家に生まれながらも、家族に虐げられてきたヒロイン、斎森美世(さいもり みよ)を今田美桜が演じる。

名家の長女・斎森美世は実母を早くに亡くし、継母と異母妹から虐げられて生きてきた。日々耐え忍んでいた彼女に命じられたのは、冷酷な軍人・久堂清霞との政略結婚。しかし美世は、清霞が実は悪評通りの人物ではないことに気づいていく。そして、清霞もこれまで言い寄ってきた婚約者たちとは違うものを美世に感じ、しだいに二人は心を通わるようになる。
しかし、帝都では、不穏な〝災い〟が人々を襲う。命懸けで戦う清霞だが、その〝災い〟の影には、思いもよらぬ陰謀が渦巻いていた。やがて、美世にも魔の手が迫り、残酷な運命が二人を切り裂いていく。

公開:2023年3月17日
配給:東宝
(C)2023 映画『わたしの幸せな結婚』製作委員会

新着記事