天間荘の三姉妹

天間荘の三姉妹

三ツ瀬町は、天界と地上の間にあって、死者の魂が肉体に戻るか天界に行くかを決めるための場所。魂が滞在する旅館「天間荘」は、おかみの恵子(寺島しのぶ)の元、娘ののぞみ(大島優子)とかなえ(門脇麦)の姉妹が切り盛りしている。交通事故で脳死状態となって三ツ瀬にやって来たたまえ(のん)は、のぞみとかなえの異母妹だった。たまえは天間荘で働き始め、現世に残した人たちへのさまざまな思いを知ることになる。やがて三ツ瀬が存在する理由が明らかになっていく。

©2022 髙橋ツトム/集英社/天間荘製作委員会

新着記事