天上の花

天上の花

原作は、萩原朔太郎の娘、萩原葉子の同名小説「天上の花―三好達治抄―」。

原朔太郎を師と仰ぐ三好達治は、朔太郎の末妹・慶子と運命的に出会う。たちまち恋に落ちた達治は、結婚を認めてもらうため北原白秋の弟が経営する出版社に就職するが、僅か2カ月で倒産。寄る辺なき身となった達治は慶子の母に貧乏書生と侮られて拒絶され、失意の中、佐藤春夫の姪と見合い結婚をする。 時は過ぎ、日本が戦争へとひた走る頃、達治の戦争を賛美する詩は多くの反響を呼び、時代は彼を国民的詩人へと押し上げてゆく。しかし、朔太郎とはその戦争詩をめぐって関係が悪化してしまう。昭和17年、朔太郎は病死。そして四日後には慶子が夫・佐藤惣之助と死別する。昭和19年、朔太郎三回忌で再会した達治は、慶子に16年4カ月の思いを伝え、妻子と離縁し、慶子を家に迎える。東京に空襲が迫りくる中で、身を隠すように越前三国にひっそり新居を構えた二人には、雪深い冬の過酷な生活が待ち受けていた。純粋な文学的志向と潔癖な人生観の持ち主である達治は、奔放な慶子に対する一途な愛とその裏返しの憎しみが次第に心を蝕んでゆき、二人の愛憎劇は思いもよらぬ結末を迎える……。

公開:2022年12月9日
配給:太秦
©2022「天上の花」製作運動体

新着記事