「ラーゲリより愛を込めて」(=写真、原作・辺見じゅん、映画脚本・林民夫)が文春文庫

「ラーゲリより愛を込めて」(=写真、原作・辺見じゅん、映画脚本・林民夫)が文春文庫

2022.10.04

書籍「ラーゲリより愛を込めて」5人にプレゼント

公開映画情報を中心に、映画評、トピックスやキャンペーン、試写会情報などを紹介します。

ひとしねま

ひとシネマ編集部

12月9日、映画「ラーゲリより愛を込めて」(毎日新聞社など製作委員会)が全国公開されます。

第二次世界大戦終了後、60万人を超える日本人がシベリアの強制収容所(ラーゲリ)に不当に抑留され捕虜となった。
あまりにも残酷な日々に誰もが絶望する状況下において、ただ一人、生きることへの希望を捨てなかった人物..、それが山本幡男〈やまもと はたお〉である。
「生きる希望を捨ててはいけません。帰国(ダモイ)の日は必ずやって来ます。」零下40度を超える厳冬のシベリアで、死と隣り合わせの日々を過ごしながらも、家族を想い、仲間を想い、希望を胸に懸命に生きる男が実在したー

この映画の脚本を基にした「ラーゲリより愛を込めて」(=写真、原作・辺見じゅん、映画脚本・林民夫)が文春文庫から出版されました。
抽選で5人にプレゼントします。
応募フォームは→https://www.mainichi.co.jp/form/hitocinema/2210/
10月31日締め切り、当選発表は発送をもって代えます。

ラーゲリより愛を込めて

第二次世界大戦後の1945年。そこは零下40度の厳冬の世界・シベリア…。わずかな食料での過酷な労働が続く日々。死に逝く者が続出する地獄の強制収容所(ラーゲリ)に、その男・山本幡男は居た。「生きる希望を捨ててはいけません。帰国(ダモイ)の日は必ずやって来ます。」絶望する捕虜たちに、山本は訴え続けた―
山本はどんな劣悪な環境にあっても分け隔てなく皆を励ました。そんな彼の仲間想いの行動と信念は、凍っていた日本人捕虜たちの心を次第に溶かしていく。山本はいかなる時も日本にいる妻や4人の子どもと一緒に過ごす日々が訪れることを信じていた。
終戦から8年が経ち、山本に妻からの葉書が届く。厳しい検閲をくぐり抜けたその葉書には「あなたの帰りを待っています」と。たった一人で子どもたちを育てている妻を想い、山本は涙を流さずにはいられなかった。誰もがダモイの日が近づいていると感じていたが、その頃には、彼の体は病魔に侵されてい

ライター
ひとしねま

ひとシネマ編集部

ひとシネマ編集部