気狂いピエロ ©STUDIO CANAL

気狂いピエロ ©STUDIO CANAL

2022.4.10

勝手に2本立て:「気狂いピエロ」ハサミでグサリ!

毎回、勝手に〝2本立て〟形式で映画を並べてご紹介する。共通項といってもさまざまだが、本連載で作品を結びつけるのは〝ディテール〟である。ある映画を見て、無関係な作品の似ている場面を思い出す──そんな意義のないたのしさを大事にしたい。また、未知の併映作への思いがけぬ熱狂、再見がもたらす新鮮な驚きなど、2本立て特有の幸福な体験を呼び起こしたいという思惑もある。同じ上映に参加する気持ちで、ぜひ組み合わせを試していただけたらうれしい。

髙橋佑弥

髙橋佑弥

 

原作小説が初邦訳 2Kレストア版劇場公開

あの「十一時の悪魔」が、とうとう本邦でも陽の目を見るらしい。いまになって。まさか。信じがたい。そう思ったが、そのまさかである。「十一時の悪魔」といえば、ジャンリュック・ゴダール「気狂いピエロ」(1965年)の原作小説として有名ながら、邦訳がなく、まさに名のみ高くして……という状態だった一冊。
 
著者は、スタンリー・キューブリック監督作「現金に体を張れ」(56年)の原作者としても知られるライオネル・ホワイト。本書の原題は「Obsession(妄執)」で、「十一時の悪魔」という題は、第二次大戦後にフランスのガリマール社より刊行された「セリノワール(暗黒叢書)」で紹介された際の仏訳版タイトルが「Le démon d’onze heures(十一時の悪魔)」だったというから、そこから流布されたと見ていい(日本公開時の劇場用プログラムにもこの題で表記がある)。
 
このたびめでたくお目見えの邦訳版は、映画に倣い「気狂いピエロ」題で、新潮社より4月26日に刊行となる。そして、タイミング良く同時期に〝映画版〟「気狂いピエロ」が2Kレストア版で劇場公開される(4月15日より全国順次公開)とあれば、原作片手に見に行かない手はない。よって今回はピエロ流布、である。
 

引用の織物 3度見したものの

ゴダールの映画は〝引用の織物〟と言われ、実際「気狂いピエロ」もまたその例に漏れない。フィルムの断面が見えるような型破りの編集、オフの声や音楽の特異な用法、そして引用の氾濫──われわれの脳内を慌ただしくかき乱し、戸惑わせ、後手に回らせ、疲れさせるゆえんはそこにある。
 
しかし、あらかじめそれが分かっていたとて、初見では到底逃れることはできないし、時間を空けての再見もまた同じだろう。だが、今回見返して、かつて初めて見たときの感覚を思い起こしたあと、すぐさまもう一度見た。そして、関連書に目を通したのち、また一度見た。
 
そのころには、もう〝引用〟に注意を払う気力はなくなっていた。印象的ないくつかが脳裏に残ることはあっても、どうせ覚えきれないのだ。だからあえて〝物語〟を追おうと試みた。すると、わりあい〝直線的〟な話──裕福な妻のヒモ状態にある無職中年男フェルディナン(ジャンポール・ベルモンド)が、すべてを捨て、なにやら犯罪行為にも一枚かんでいるらしい訳ありな元カノ=マリアンヌ(アンナ・カリーナ)と逃避行する──を、思いのほかてらいなく提示しているのが分かる。
 
しかし、たとえ物語を注視していても、「気狂いピエロ」とは何か、と問われると、不思議なことに脳裏にこびりついているのは具体的なディテールばかりだ。例えば、ハサミでグサリ。あるいは、クルマでザブン。もしくは、ダイナマイトでドカン。アラン・ベルガラ「六〇年代ゴダール」(筑摩書房)などをひもとけば、原作小説をかなり忠実に映画化していることも分かるのだが、結局のところ、それを念頭に置いてもなお、印象がディテールで占められるあたりが、ゴダールのすごみなのかもしれない。
 

同年生まれのゴダールとイーストウッド

もともとはダイナマイトが爆発する──見終えたばかりであれば、その場面ばかりが思考を占有するのは仕方ない──映画を並べてみるつもりだったが、(頻出する西部劇およびマカロニウエスタンを除くと)記憶に刻みついている爆発はラストシーンばかり。結末暴露への配慮など、必要最低限でよかろうと考えている私としても、わざわざ結末ばかりを紹介して〝2本立て〟とするのははばかられ、ならばハサミでグサリといく映画にした。
 
とはいえ、ハサミもそれなりに頻出する小道具ではあるので、もうひとつ縛りを設けて、「ゴダールと同年生まれ」のクリント・イーストウッド作品から「タイトロープ」(84年)をご紹介したい。
 
本作は、相次ぐ連続強姦(ごうかん)殺人事件と、妻に捨てられ娘2人と犬4匹とで暮らす刑事(イーストウッド)による捜査の傍らの〝男所帯〟哀愁生活、そして性暴力救援団体の女性(ジュヌビエーブ・ビュジョルド)とのセカンドラブ展開が並行して描かれる、風変わりなスリラー。監督はリチャード・タッグルとされているが、そのじつ、現場はほとんどイーストウッドが仕切ったといわれている。
 
© 1984 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.


刺される回数まで同じ

肝心のハサミは終盤の格闘場面で登場するが、2度グサリと突き刺され、偶然に過ぎないものの「気狂いピエロ」と同じ累計回数。余談だが、イーストウッドとハサミの付き合いは長い──すでに初監督作「恐怖のメロディ」(71年)で印象的に登場させている。
 
本作をはじめイーストウッドと幾度も組んだ撮影監督ブルース・サーティースの陰影過剰な暗黒画面は〝ネオノワール〟の系譜を考えるうえで意識せずにはおれないが、奇遇なことにじつは「気狂いピエロ」は製作当初「最初のカラーによる暗黒映画(フィルムノワール)」が志向されていたのだった。また「タイトロープ」では、イーストウッドの実の娘アリソン(当時12歳)が、強姦殺人鬼に襲われかける主人公の娘を演じており、正気を疑う配役だが、ある種のオブセッションがにじみ出ていると言えなくもない。
 
おもえば、そもそもホワイトの「Obsession」=「気狂いピエロ」も、映画化に際してアンナ・カリーナがヒロインを務めたことで結果的に脱臭されたが、もともとはかなり「『ロリータ』ふう」の小説なのだ──ともあれ、発売が待ち遠しい。

U-NEXTにて見放題で配信中

気狂いピエロ

不自由はないが退屈な結婚生活にうんざりしていたフェルディナン(ジャン・ポール・ベルモンド)は、パーティーで昔の恋人マリアンヌ(アンナ・カリーナ)と再会。彼女の部屋で一夜を明かすと、翌朝部屋に男の死体が転がっていた。逃走した2人は南仏の海岸で暮らし始めるが、マリアンヌが失踪。フェルディナンも追われることになる。さまざまな映画からの引用や斬新な映画技法を駆使して作られた、ヌーベルバーグの代表作。

©STUDIO CANAL

タイトロープ

ニューオーリンズ市警殺人課の刑事ブロック(クリント・イーストウッド)は離婚し、2人の娘と暮らしている。売春婦を拘束して強姦、殺害する連続殺人事件が発生。ブロックは犯人を追うが、自分が関係を持った売春婦も被害者となり、犯人と自分の類似性を感じ始める。

© 1984 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

ライター
髙橋佑弥

髙橋佑弥

たかはし・ゆうや 1997年生。映画文筆。「SFマガジン」「映画秘宝」(および「別冊映画秘宝」)「キネマ旬報」などに寄稿。ときどき映画本書評も。「ザ・シネマメンバーズ」webサイトにて「映画の思考徘徊」連載中。共著「『百合映画』完全ガイド」(星海社新書)。嫌いなものは逆張り。

新着記事