「ファミリア」©2022「ファミリア」製作委員会

「ファミリア」©2022「ファミリア」製作委員会

2022.12.15

2022年総決算 くる年編 伊藤弘了

2022年も残りわずか。たくさんの作品が公開、配信されました。7月の上半期総決算に続いて、ひとシネマ執筆陣が1年を総まくり、「ゆく年」編は22年の10本を選出しました。返す刀の「くる年」編で、23年の期待作も紹介します。題して「ひとシネマ的ゆく年くる年」。年末年始の鑑賞ガイド、新年のカレンダーとしても、ご活用を。

伊藤弘了

伊藤弘了

「ファミリア」(成島出監督、1月6日公開)
「レジェンド&バタフライ」(大友啓史監督、1月27日公開)
「シン・仮面ライダー」(庵野秀明監督、3月公開)
「怪物」(是枝裕和監督、6月2日公開)
「君たちはどう生きるか」(宮崎駿監督、7月14日公開)
「ゴジラ(タイトル未発表)」(山崎貴監督、11月3日公開)
 

実力派の注目作が続々

上に挙げた6本にくわえて、山下敦弘監督の2本の新作「1秒先の彼」(主演は岡田将生と清原果耶、脚本は宮藤官九郎)、「カラオケ行こ!」(主演は綾野剛、脚本は野木亜紀子)や、今泉力哉監督の「ちひろさん」(主演は有村架純)、本木克英監督の「シャイロックの子供たち」(主演は阿部サダヲ)など、来年も注目作が目白押しで、映画的に楽しみな1年になりそうである。

ファミリア

山里に一人暮らす陶器職人の神谷誠治(役所広司)のもとに、アルジェリアに仕事で赴任している学(吉沢亮)が婚約者ナディアを連れて一時帰国。結婚を機に会社を辞め、焼き物を継ぐと宣言した学に誠治は反対する。一方、誠治が住む隣町の団地に住む在日ブラジル人青年のマルコスは半グレに追われたときに助けてくれた誠治に亡き父の面影を重ね、焼き物の仕事に興味を持つ。そんな中、アルジェリアに戻った学とナディアをある悲劇が襲い・・・・・・。

公開:2023年1月6日
配給:キノフィルムズ
©2022「ファミリア」製作委員会 

レジェンド&バタフライ

東映が創立70周年を記念し、総製作費20億円を投じたビッグプロジェクトで稀代の英雄、織田信長を描く。織田信長は木村拓哉、信長の正室・濃姫役には綾瀬はるかと、当代きっての人気俳優が演じる。脚本は「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ、「コンフィデンスマンJP」シリーズの古沢良太、監督は、NHK大河ドラマ「龍馬伝」や「るろうに剣心」シリーズの大友啓史と、大ヒットメーカー同士がタッグを組んだ。
本作は、織田信長と濃姫との出会いから本能寺の変までの33年間を、歴史的な出来事を追うだけではなく、群雄割拠の戦国時代に生きる信長の揺れる心情を繊細に描き出した。濃姫を迎え入れた那古野城から岐阜城、豪華絢爛な安土城まで、細部にわたって当時を甦らせたオープンセットや国宝や重要文化財に指定されている本物の空間を使った撮影など、その映像も見所のひとつ。
また、脇を固める俳優陣も、明智光秀に宮沢氷魚、信長の小姓・森蘭丸を市川染五郎、木下藤吉郎(羽柴秀吉)を音尾琢真、徳川家康を斎藤工、濃姫の父・斎藤道三を北大路欣也、濃姫の侍従・福富平太郎貞家を伊藤英明、濃姫の筆頭侍女・各務野を中谷美紀と、豪華なメンバーが揃った。

1549年、春。敵対していた尾張と美濃は和議を結び、格好ばかりの〝大うつけ〟16歳の織田信長(木村拓哉)と、男勝りの〝マムシの娘〟15歳の濃姫(綾瀬はるか)は、政略結婚をすることに。初めての結婚で浮かれる信長に対し、濃姫は三度目の結婚。心の内には信長暗殺を秘めていた。激しい喧嘩となった初夜、最悪の印象のまま二人の新たな人生は幕を開けた。しかし、濃姫の父・斎藤道三(北大路欣也)の死によって、政略結婚という形だけの関係だった二人の距離が少しずつ縮まっていく。
桶狭間で勝利し、天下統一へと突き進んでいく信長だったが、敵は増え続け、身内に裏切られ、戦いに明け暮れるうち、人であることを捨て、容貌も言動も変わり、誰もが恐れる残虐な〝魔王〟と成り果てる。濃姫は、魔王の威勢とは裏腹に、信長の心が壊れ始めていることを案じていたが・・・。
そして本能寺の悲劇は、二人の目の前に刻一刻と迫っていた。

公開:2023年1月27日
配給:東映
©2023「THE LEGEND & BUTTERFLY」製作委員会

怪物

「そして父になる」(2013)でカンヌ国際映画祭の審査員賞、「万引き家族」(2018)でカンヌ最高賞であるパルムドールに輝き、2022年は「ベイビー・ブローカー」(2022)でカンヌ国際映画祭エキュメニカル審査員賞を受賞した是枝裕和監督と、「花束みたいな恋をした」や、「Mother」、「最高の離婚」、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」、「カルテット」、「大豆田とわ子と三人の元夫」、「初恋の悪魔」など、多くの映画、TVドラマの脚本を手がけ、日本民間放送連盟賞最優秀賞や第19回橋田賞、芸術選奨文部科学大臣賞などを受賞してきた坂元裕二氏のコラボレーションが実現。音楽は坂本龍一。

公開:2023年6月2日
配給:東宝、ギャガ
©2023「怪物」製作委員会

ライター
伊藤弘了

伊藤弘了

いとう・ひろのり 1988年、愛知県豊橋市生まれ。京都大大学院人間・環境学研究科博士後期課程研究指導認定退学。関西大、同志社大、甲南大非常勤講師。東映太秦映画村・映画図書室スタッフ。著書に「仕事と人生に効く教養としての映画」(PHP研究所)。