「ラーゲリより愛を込めて」公開記念舞台あいさつでクロ役の大吉になめられて笑顔を見せる中島健人=北山夏帆撮影

「ラーゲリより愛を込めて」公開記念舞台あいさつでクロ役の大吉になめられて笑顔を見せる中島健人=北山夏帆撮影

2022.12.09

「泣けた」の声に手応え 「ラーゲリより愛を込めて」公開舞台あいさつ

公開映画情報を中心に、映画評、トピックスやキャンペーン、試写会情報などを紹介します。

第二次世界大戦後、シベリアの強制収容所に抑留された日本人と日本で待つ家族を描いた映画「ラーゲリより愛を込めて」(毎日新聞社など製作委員会)が9日、全国で公開され、東京・六本木の映画館で初日舞台あいさつがあった。




主演の二宮和也さん、北川景子さんら出演者と、瀬々敬久監督が登壇。二宮さんは「ようやく見てもらえてほっとしている。(見た人の心に)温かく染み入ったと信じています」と話した。



北川さんは「男性陣が命がけで撮影に臨んでいたので、早く届いてほしいと思っていた」と語り、瀬々監督は「『泣けた』という反響が多い。困難なものに対して貫き通す心が伝わったと思う」と手応えを感じた様子だった。

関連記事

新着記事