第76回毎日映画コンクールで女優助演賞を受賞した清原果耶

第76回毎日映画コンクールで女優助演賞を受賞した清原果耶

2022.2.16

女優助演賞 清原果耶「護られなかった者たちへ」

日本映画大賞に「ドライブ・マイ・カー」

男優主演賞 佐藤健「護られなかった者たちへ」
女優主演賞 尾野真千子「茜色に焼かれる」


第76回毎日映画コンクールの受賞作・受賞者が決まりました。2021年を代表する顔ぶれが並んでいます。受賞者インタビューを順次掲載。
1946年、日本映画復興を期して始まった映画賞。作品、俳優、スタッフ、ドキュメンタリー、アニメーションの各部門で、すぐれた作品と映画人を顕彰しています。

ひとしねま

伊藤遥

役を生きることを深く考えた


女優助演賞は。「護られなかった者たちへ」の清原果耶。ダークな一面を持つケースワーカー役を熱演した。選考委員から「新境地を開いた」「物語を引っ張った」と高評価が相次いだが、本人は「自分では成長できたと思うタイミングが少なくて……」と控えめだ。自身を「すごく悩む人間」と評する。今作で悩んだことや抱えていた不安、その乗り越え方をインタビューで語ってくれた。

優しさと狂気の間で悩み続け

「まさか賞をいただけると本当に思っていなかったので、純粋にうれしい気持ちと驚きでいっぱいです」。受賞の感想を尋ねると、落ち着いた口調で穏やかな笑顔を見せた。

作品は〝どんでん返しの帝王〟と呼ばれる中山七里さん原作の社会派ヒューマンミステリー。東日本大震災から年後の仙台を舞台に、福祉保健事務所の職員が次々と殺害される。容疑者として浮上した利根泰久(佐藤健)を刑事の笘篠誠一郎(阿部寛)が追ううちに、震災時にさかのぼって事件の真相が明かされてゆく筋。衝撃と感動のラストで意表を突くエンタメ作としても楽しめるが、被災地でひたむきに生きる人間の姿を描き、生活保護行政のあり方を問うた硬派な作品としても評価が高い。

脚本を読んだ最初の印象について尋ねると、少し考えてから真剣な表情でこう答えた。「すごくメッセージ性の強い作品になるだろうという気がしたので、私の演じる役がどこまでそのメッセージの一つのパーツとして作品の中で生きられるか、本当に深く考えました」。そして冗談めかして「私、頑張らないとな……ヒヤヒヤ……という感じでした」と当時の心境を再現した。

演じたのは、保健福祉センターに勤めるケースワーカーの円山幹子役。容疑者の利根と特別な関係にあり、内に優しさと狂気を秘めている。終盤ではミステリーに仕掛けられたトリックの要も担う、難しい役どころだ。「円山が社会生活で見せる正義感の強い一面と、憎悪や狂気という私的な一面の差を出した方が面白い。でも、多面性をどこまで際立たせながらフラットに見せるのか、毎日悩みました。常に抱えていなければならない感情もダークで、演じるのは全部難しかったです」

そんな時、道しるべとなったのは、瀬々監督の存在だったという。「悩む度にこれでもかというくらい監督に聞きに行って、毎日現場でずっと2人で悩みながら役について話しました。細かい調整をしながら、なんとか無事に撮り終えた感じでした」と振り返った。


© 2021映画「護られなかった者たちへ」製作委員会

初めて〝てっぺん越え〟を体験

一番苦労したのは、利根と円山の恩人、遠島けい(倍賞美津子さん)の遺体を火葬場で見送るシーン。「円山幹子という人物にとって、一番腹の奥の底でとどめておきたい感情が渦巻いていた場面。幹子として向き合わなければならない、ものすごく深い憎悪を抱えながら一生懸命撮影したので、本当にしんどかったです」と述懐する。

また、感情をむき出しにした迫真の演技で、佐藤ら共演者からも絶賛されたクライマックスシーンは「大変だったなあ……」と苦笑せずにはいられない苦労があったという。「あの撮影で私は初めて〝てっぺん越え〟(深夜0時を過ぎること)を体験して、朝4時半ごろまで撮っていたんですが、いっぱい撮らなきゃいけないのに段々日が昇っていって、やばい……みたいな雰囲気があって。でも大切なシーンだったので、本当に集中を切らさないようにずっと緊張していたような気がします。終わってからぐっすり寝ました。もうてっぺん越えはしたくないですね」。渋い顔を見せて周囲の笑いを誘った。

東日本大震災をどう表現するか

2014年、芸能事務所「アミューズ」主催のコンテストでグランプリを受賞。12歳でデビューした。モデル業もこなしながら、映画「3月のライオン」やドラマ「透明なゆりかご」などへの出演を重ね、芯のある演技力が注目を集めてきた。NHK朝の連続テレビ小説「おかえりモネ」では、気象予報士を目指す宮城県気仙沼市出身のヒロイン役を好演。同作も東日本大震災をテーマに据えていたが、自身は発災当時は9歳で、関西出身。3・11とどう向き合っているのだろうか。

「震災についての勉強は資料を読んだり、現地を視察して地元の方からお話を伺ったりして、くみ上げていくことが多かったです。でも全部を知ることはできません。だから現地での体験と脚本から得た、できるだけ多くの感情や思い、印象みたいなものを混ぜて混ぜて、表現できたらいいなと思っています」

現在は民放ドラマでも初主演をこなすなど、活躍が続く。「自分で手応えを感じたことは本当になくて、いつも『大丈夫だったかな』と思いながら帰路につきます。周囲から『受賞おめでとう』と言われて初めて『ちゃんと役を生きて作品の中にいられたんだな』と思えるくらい。その実感を地道につないで、なんとか自信にしていきたいです。今後の抱負は健康第一。今までと変わらず役に向き合っていければいいなと思います」

護られなかった者たちへ

東日本大震災から10年目、宮城県で福祉関係職員が餓死させられる事件が発生する。身動きを取れなくして監禁、放置されたのだ。刑事笘篠(阿部寛)は、事件直前に刑務所から出た利根(佐藤健)を追う。施設で育った利根は、震災の避難所で出会った少女カンちゃん(石井心咲)、一人暮らしのけい(倍賞美津子)と家族同然の暮らしをしていたが、けいが生活保護を受けられなかったことに怒って事務所に放火していた。笘篠は怨恨(えんこん)の線で捜査を始め、被害者の部下幹子(清原果耶)から生活保護行政の話を聞き、現場に同行する。

ライター
ひとしねま

伊藤遥

いとう・はるか 毎日新聞学芸部記者。2012年入社。高松支局、大阪社会部を経て、21年4月より現職。主に音楽(ポップス)を担当している。
 

カメラマン
ひとしねま

前田梨里子

毎日新聞写真部カメラマン

新着記事