ひとしねま

2022.12.21

第77回毎日映画コンクール 作品部門候補作

毎日映画コンクールは、1年間の優れた映画、活躍した映画人を広く顕彰する映画賞。終戦間もなく始まり、映画界を応援し続けている。第77回の受賞作・者が決まった。

第77回毎日映画コンクール作品部門は、日本映画と外国映画それぞれで賞を決定。日本映画は候補5作品から各界の5人の選考委員が討議し、「日本映画大賞」「日本映画優秀賞」を選ぶ。2次選考委員は、作家の朝吹真理子さん▽映画監督の井筒和幸さん▽映画映像研究者の佐伯知紀さん▽明治学院大文学部芸術学科教授、斉藤綾子さん▽日本映画大学理事長の富山省吾さん。

外国映画は、1次選考委員の2度の投票により、「外国映画ベストワン賞」を決める。

ある男


©2022「ある男」製作委員会

平野啓一郎の同名小説を映画化。1人で子どもを育てる里枝は、実家の文具店を訪れた客と親しくなる。男は「大祐」と名乗り、やがて2人は結婚。数年後、子どもができ、親子4人で平穏な生活を送っていたが、「大祐」が仕事中に事故死する。

疎遠だったという大祐の兄が法事に訪れ、遺影を見て「大祐ではない」と告げた。里枝は弁護士の城戸に調査を依頼し、城戸は「大祐」をXと呼んで正体を調べ始める。

妻夫木聡の男優主演賞、窪田正孝の同助演賞、安藤サクラの女優助演賞のほか監督、脚本、撮影、美術、録音と、今回最多9賞で候補入り。

監督 石川慶
脚本 向井康介
撮影 近藤龍人
美術 我妻弘之
録音 小川武
音楽 Cicada
出演 妻夫木聡、安藤サクラ、窪田正孝、清野菜名、真島秀和

ケイコ 目を澄ませて

 ©2022 「ケイコ 目を澄ませて」製作委員会/COMME DES CINÉMAS

生まれつき耳の聞こえないケイコは、プロボクサーとしてリングに立つ。下町の古いジムに所属し、弟と暮らし、ホテルで働きながら、黙々とトレーニングを重ね、試合に臨む。コロナ禍で練習生が減り、会長の体に異変が見つかって、ジムが閉鎖されることになった。会長やコーチが移籍先を見つけてきたものの気乗りせず、試合が刻々と迫ってくる。

実在の聴覚障害を持ったプロボクサーをモデルに、「きみの鳥はうたえる」などで注目を集める三宅唱監督が映画化した。岸井ゆきのの女優主演賞、三浦友和の男優助演賞のほか、監督、撮影、録音の各賞でも候補入り。

監督 三宅唱
脚本 三宅唱、酒井雅秋
撮影 月永雄太
美術 井上心平
録音 川井崇満
出演 岸井ゆきの、三浦友和、三浦誠己、松浦慎一郎、佐藤緋美、中島ひろ子、仙道敦子

さがす



大阪の中学生、楓はだらしない父智と2人暮らし。ある日智が「指名手配中の連続殺人犯を見た」と言い出した。楓は信じないが、智が突然失踪する。警察もまともに取り合わない中で、楓は1人智を捜し、建設工事現場の名簿に智の名前を発見した。現場を尋ねて呼び出すと、見たこともない若い男が現れる。

自主製作した「岬の兄妹」で注目された、片山慎三監督の商業映画デビュー作。オリジナルの脚本を、片山が共同で手がけている。佐藤二朗がコミカルな持ち味を封印し、男優主演賞候補に。伊東蒼も女優助演賞候補入り。

監督 片山慎三
脚本 片山慎三、小寺和久、高田亮
撮影 池田直矢
録音 秋元大輔
音楽 高位妃楊子
出演 佐藤二朗、伊東蒼、清水尋也


PLAN 75


©2022「PLAN 75 」製作委員会 /Urban Factory/Fusee

75歳以上の高齢者が安楽死を選ぶことができる制度「プラン75」が導入された近未来の日本。1人暮らしのミチは仕事を解雇され、住んでいた団地の取り壊しで転居を迫られる。新しい仕事も住む場所も見つからず、ミチはプラン75を申請することにした。一方、市役所でプラン75の窓口担当のヒロムは、申請に来た伯父と再会する。

早川千絵監督の長編デビュー作。カンヌ国際映画祭で新人監督賞カメラドールのスペシャルメンションを受けた。倍賞千恵子の女優主演賞のほか、監督、脚本、撮影、録音の各賞でも候補入り。

監督・脚本 早川千絵
撮影 浦田秀穂
美術 塩川節子
録音 臼井勝
音楽 Remi Boubal
出演 倍賞千恵子、磯村勇斗、たかお鷹、河合優実、ステファニー・アリアン


夜明けまでバス停で


©2022「夜明けまでバス停で」製作委員会

焼き鳥屋のパートとして働く三知子は、アクセサリー作家として自立すべく作品を作り続けている。ところがコロナ禍で解雇され、寮も追い出されてしまう。新しい仕事も見つからず行き場をなくし、路上生活をするようになった。三知子は公園で生活する元過激派のバクダンと、「自助努力」を求めるばかりの社会に一矢報いるべく、時限爆弾を作り始めた。

高橋伴明監督が、バス停で寝泊まりしていた女性が襲われた事件に材を取り、コロナ禍で分断、孤立が進む社会への異を唱えた。監督賞、脚本賞でも候補となっている。

監督 高橋伴明
脚本 梶原阿貴
撮影 小川真司
美術 丸尾知行
録音 植田中
音楽 吉川清之
出演 板谷由夏、大西礼芳、三浦貴大、松浦祐也、ルビー・モレノ、片岡礼子

外国映画ベストワン賞候補5作

約80人の1次選考委員による投票の上位5作品。この5作を再度投票を行い、最多得票作品が受賞作となる。

アネット
Coda コーダ あいのうた
トップガン マーヴェリック
ベルファスト
リコリス・ピザ

ある男

里枝(安藤サクラ)は離婚を経て、子どもを連れ故郷に戻る。森の伐採現場で働く「大祐」(窪田正孝)と知り合い再婚する。ある日、不慮の事故で「大祐」が命を落とす。法要で夫が名前も分からぬ別人であることが分かる。里枝は弁護士の城戸(妻夫木聡)に身元調査を依頼する。

©2022「ある男」製作委員会

ケイコ 目を澄ませて

嘘がつけず愛想笑いが苦手なケイコは、生まれつきの聴覚障害で、両耳とも聞こえない。再開発が進む下町の一角にある小さなボクシングジムで日々鍛錬を重ねる彼女は、プロボクサーとしてリングに立ち続ける。母からは「いつまで続けるつもりなの?」と心配され、言葉にできない想いが心の中に溜まっていく。「一度、お休みしたいです」と書きとめた会長宛ての手紙を出せずにいたある日、ジムが閉鎖されることを知り、ケイコの心が動き出す――。

公開:2022年12月16日
配給:ハピネットファントム・スタジオ
©2022 「ケイコ 目を澄ませて」製作委員会/COMME DES CINÉMAS

PLAN 75

少子高齢化が一層進んだ近い将来の日本。満75歳から生死の選択権を与える制度<プラン75>が国会で可決・施行された。様々な物議を醸していたが、超高齢化問題の解決策として、世間はすっかり受け入れムードとなる。
夫と死別してひとりで慎ましく暮らす、角谷ミチは78歳。ある日、高齢を理由にホテルの客室清掃の仕事を突然解雇される。住む場所をも失いそうになった彼女は<プラン75>の申請を検討し始める。一方、市役所の<プラン75>の申請窓口で働くヒロム、死を選んだお年寄りに“その日”が来る直前までサポートするコールセンタースタッフの瑶子は、このシステムの存在に強い疑問を抱いていく。また、フィリピンから単身来日した介護職のマリアは幼い娘の手術費用を稼ぐため、より高給の<プラン75>関連施設に転職。利用者の遺品処理など、複雑な思いを抱えて作業に臨む日々を送る。果たして、<プラン75>に翻弄される人々が行く着く先で見出した答えとは―。

©2022 「PLAN 75 」製作委員会 /Urban Factory/Fusee

夜明けまでバス停で

2020年に、路上生活者の女性がバス停で殴られ死亡した事件が着想のきっかけ。
居酒屋のアルバイトをしていた三知子(板谷由夏)は、緊急事態宣言が出ると一方的に解雇された。寮を追い出され、住み込みで働くはずだった介護施設も採用を見送り。折り合いの悪い実家にも帰れず、行き場を失って路上生活者となってしまう。行き倒れそうになったところを、公園のテントで生活するバクダン(柄本明)らに助けられた。

©2022「夜明けまでバス停で」製作委員会

新着記事