ひとしねま

2024.1.18

第78回毎日映画コンクール 男優主演賞 鈴木亮平「エゴイスト」 女優主演賞 杉咲花「市子」

毎日映画コンクールは、1年間の優れた作品と活躍した映画人を広く顕彰する映画賞です。終戦間もなく始まり、映画界を応援し続けています。

ひとしねま

ひとシネマ編集部

第78回毎日映画コンクールの各賞が決まった。「作品部門」「俳優部門」「スタッフ部門」は、映画評論家や映画記者約70人の1次選考委員が投票を行い、上位得票作・者が2次選考候補となる。「アニメーション」「ドキュメンタリー」両部門は、応募作から1次選考委員による討議で候補作を決定。2次選考では、各部門の選考委員の討議で決まる。「外国映画ベストワン賞」は、1次選考委員による再投票で決定する。「田中絹代賞」は諮問委員会で選考する。

表彰式は2月14日、東京・めぐろパーシモンホールで開かれる。


【俳優部門】

男優主演賞 鈴木亮平「エゴイスト」


前田梨里子撮影

宮沢氷魚の男優助演賞とダブル受賞。深く愛し合うゲイのカップルを、繊細に演じた。

他に候補は、綾野剛(花腐し)、稲垣吾郎(正欲)、藤竜也(高野豆腐店の春)、横浜流星(春に散る)

女優主演賞 杉咲花「市子」


玉城達郎撮影

「市子」は戸田彬弘監督が主宰する劇団「チーズtheater」の公演作品を、自ら映画化。求婚直後に姿を消した「市子」を追う恋人が、社会のひずみに落ちた1人の女性の苦悩を知っていく。杉咲花の入魂の演技が光る。

他に候補は安藤サクラ(BAD LANDS バッド・ランズ)、黒木華(せかいのおきく)、菊池凜子(658㎞、陽子の旅)、趣里(ほかげ)

男優助演賞 宮沢氷魚「エゴイスト」


渡部直樹撮影

男優主演の鈴木亮平とダブル受賞。深く愛し合うゲイのカップルを、繊細に演じた。

ほかに候補は、磯村勇斗(月)、宇崎竜童(BAD LANDS バッド・ランズ)、加瀬亮(首)、永山瑛太(福田村事件)

女優助演賞 広瀬すず「キリエのうた」


内藤絵美撮影

岩井俊二監督が東日本大震災で傷をおい、放浪の果てにストリートミュージシャンとなった、アイナ・ジ・エンド演じる主人公と、結婚詐欺で追われるその親友の交流を描いた。広瀬すずは脇に回り、演技が初めてのアイナを支えた。

他に阿川佐和子(エゴイスト)、安達祐実(春画先生)、田中裕子(怪物)、二階堂ふみ(月)。
 

スポニチグランプリ新人賞 サリngROCK「BAD LANDS バッド・ランズ」


大西岳彦撮影

スポニチグランプリ新人賞 アフロ「さよなら ほやマン」

 

 三浦研吾撮影

映画界では新人でも、サリngROCKは演劇、アフロは音楽で活躍する表現者。映画俳優としての活躍が期待される。

他の候補は以下の通り。
池川侑希弥(雑魚どもよ、大志を抱け!)、黒崎煌代(さよなら ほやマン)、黒川想矢(怪物)、塚尾桜雅(ほかげ)、柊木陽太(怪物)

アイナ・ジ・エンド(キリエのうた)、石田夢実(遠いところ)、當真あみ(水は海に向かって流れる)、東野絢香(正欲)、山崎七海(渇水)

【俳優部門選考委員】
石村加奈(ライター)、金澤誠(映画ライター)、小林聖太郎(映画監督)、佐藤雅昭(スポーツニッポン文化社会部特別編集委員)、関口裕子(映画評論家、編集者)、洪相鉉(映画評論家)、三沢和子(プロデューサー)

田中絹代賞 薬師丸ひろ子



ビクターエンタテインメント提供

田中絹代賞は、戦前から活躍した大女優、田中絹代の功績を継いで活躍が期待される女性俳優を、諮問委員会が選考。薬師丸はデビューから45年、アイドル的存在から大人の女性へと役柄を変えながら一線で活躍し、高い評価が集まった。

【関連記事】
作品部門の結果はこちら
スタッフ部門の結果はこちら
ドキュメンタリー部門、アニメーション部門、特別賞はこちら

関連記事

ライター
ひとしねま

ひとシネマ編集部

ひとシネマ編集部