「なのに、千輝くんが甘すぎる。」©2023「なのに、千輝くんが甘すぎる。」製作委員会©亜南くじら/講談社

「なのに、千輝くんが甘すぎる。」©2023「なのに、千輝くんが甘すぎる。」製作委員会©亜南くじら/講談社

2023.12.23

面白い作品を満喫 悔いなき1年 髙橋佑弥

2023年も、たくさんの映画や配信作品が公開されました。とても見切れなかった!とうれしい悲鳴も聞こえてきそうです。「ひとシネマ」執筆陣が今年の10本と、来る24年の期待作3本を選びました。年末年始の鑑賞ガイドとしてもご利用ください。

髙橋佑弥

髙橋佑弥

ゆく年編 


「なのに、千輝くんが甘すぎる。」
「AIR/エア」
「ダークグラス」
「カード・カウンター」
「アステロイド・シティ」
「バーナデット ママは行方不明」
「ゴジラ-1.0」
「ロスト・フライト」
「サムシング・イン・ザ・ダート」
「枯れ葉」

見落とした作品、数あれど

映画祭上映作や配信/DVDスルー作品を対象外として、2023年の劇場公開作から選んでみた(順不同/公開日順)。なにも今年に限った話ではないけれど、1年間に上映されるあまたの映画を全て見ることはできないから、記憶をかき回して気に入った10本を選ぼうとするとき、思い浮かぶのは見た映画よりもむしろ見逃した映画のことだったりする。今年も、たくさんの映画を見落とした。
 
とはいえ、ごく一握りの鑑賞作から選んだ作品群に過ぎずとも、さほど迷わず10枠が埋まったことはうれしい。今年も、面白い映画を見ながら楽しい1年を過ごすことができたということだから、悔いはない。しかも、これらはまだ暫定。原稿執筆時点で、今年もあと半月弱、まだ映画館で見たい作品がたくさんある。
  


くる年編


「最高の職人(アルチザン)こそ芸術家(アーティスト)。千葉泰樹至高の世界!」
(東京・ラピュタ阿佐ヶ谷、1月2日~2月10日)

「蘇ったフィルムたち チネマ・リトロバート映画祭」
(東京・国立映画アーカイブ、1月5日~2月4日)

森崎東監督「野良犬」
(横浜シネマジャック&ベティ、1月13~19日)
 

年始の日程にらめっこ

結局のところ、現時点で2024年の新作公開日はごく一部しか分からないのだから、楽しみでならない年始の旧作上映のほうをご紹介。いずれも1月! 見切れない! うれしい悲鳴をあげている。カレンダーと上映日程並べてにらめっこ。つらくて幸せなパズルゲームである。

【ひとシネマ的 ゆく年くる年 総まくり2023年】
人生の苦難、心の闇……〝痛み〟引きずった作品たち SYO
日本映画に感じた「物作り」の力 洪相鉉
やっと戻った日常 心の琴線に触れた10本 後藤恵子

関連記事

ライター
髙橋佑弥

髙橋佑弥

たかはし・ゆうや 1997年生。映画文筆。「SFマガジン」「映画秘宝」(および「別冊映画秘宝」)「キネマ旬報」などに寄稿。ときどき映画本書評も。「ザ・シネマメンバーズ」webサイトにて「映画の思考徘徊」連載中。共著「『百合映画』完全ガイド」(星海社新書)。嫌いなものは逆張り。

新着記事