アキラとあきら

アキラとあきら

倒産したベアリング工場の息子アキラと、郵船会社の息子あきらが同じメガバンクで同期となる。人を助けるために銀行員になったアキラと、出世コースを進むあきらは反発しあう。あきらは経営危機に陥った一族の会社を立て直すために銀行を辞め、アキラは会社再建と従業員救済のため、出世コースを蹴って担当となった。池井戸潤の小説の映画化。

©2022「アキラとあきら」製作委員会

新着記事