愛に乱暴

愛に乱暴

原作は、「悪人」「さよなら渓谷」「横道世之介」「怒り」など、多くのベストセラーが映画化されてきた吉田修一の同名小説。愛のいびつな衝動と暴走を描く。監督・共同脚本は、第39回ヨコハマ映画祭森田芳光メモリアル新人監督賞を受賞した初の映画長編作「おじいちゃん、死んじゃったって。」(2017年)や「さんかく窓の外側は夜」(2021年)を手掛けた森ガキ侑大。「愛がなんだ」(19年)や「波紋」(23年)、「アンダーカレント」(23年)、「あまろっく」(24年)など、出演作が続く江口のりこが主人公の初瀬桃子を演じる。共演は、桃子の夫・真守役を小泉孝太郎、真守の母・照子役に風吹ジュン、真守の不倫相手・奈央役に馬場ふみかが扮する。

夫の真守とともに、夫の実家の敷地内に建つ離れで暮らす桃子は、義母からのストレスや、夫の無関心を振り払うように、石鹸教室の講師や、センスのある装い、手の込んだ献立など、いわゆる〝丁寧な暮らし〟に勤しんでいた。そんな桃子の周囲で不穏な出来事が起こり始める。近隣のゴミ捨て場で相次ぐ不審火、愛猫の失踪、匿名の人物が綴る不気味な不倫アカウント、そして、夫からの青天の霹靂の申し出。桃子の平穏な日常は少しずつ乱れ始める。

公開:2024年8月
©2013 吉田修一/新潮社 ©2024 「愛に乱暴」製作委員会

公式サイト: https://www.ainiranbou.com/

新着記事