あつい胸さわぎ

あつい胸さわぎ

大阪発の演劇ユニットiakuによる戯曲「あつい胸さわぎ」を映画化。「恋とさよならとハワイ」のまつむらしんご監督がメガホンをとった。

港町の古い一軒家に暮らす武藤千夏(吉田美月喜)と、母の昭子(常盤貴子)は、慎ましくも笑いの 絶えない日々を過ごしていた。親子それぞれが〝恋〟の予感に浮き足立つある日、昭子は千夏の部屋で 「乳がん検診の再検査」の通知を見つけてしまう。〝初期の乳ガン〟初恋の胸の高鳴りは、いつしか〝胸さわぎ〟になっていた。

公開:2023年1月27日
配給:イオンエンターテイメント、SDP
©2023あつい胸さわぎ製作委員会

新着記事