生きててごめんなさい

生きててごめんなさい

「余命10年」の藤井道人が企画・プロデュースした本作。監督は、「アバランチ」で藤井と共同演出を担当した山口健人。現代の若者たちが抱える〝病み〟を描く。主演はミュージカル「刀剣乱舞」のメインキャラクターを演じた黒羽麻璃央。ヒロインの莉奈役は、「少女邂逅」で初主演を務め、アメリカのテレビシリーズ「SHOGUN」の放送が控える穂志もえか。

出版社の編集部で働く園田修一(黒羽麻璃央)は清川莉奈(穂志もえか)と同棲生活をしている。修一は小説家になるという夢があり、高校の先輩で大手出版社の編集者・相澤今日子(松井玲奈)が務める出版社の新人賞にエントリーすることになる。一方、自身の出版社でも売れっ子コメンテーター西川洋一(安井順平)を担当することになるが、西川の編集担当に原稿をすべて書かせるやり方に戸惑う。そんな中、莉奈が西川の目に止まり、修一と共に出版社で働く事となる。西川も出版社の皆も莉奈をちやほやする光景に修一は嫉妬し、莉奈に対して態度が冷たくなっていく。いつしか、喧嘩が絶えなくなり・・・。

公開:2023年2月3日
配給:渋谷プロダクション
©2023 ikigome Film Partners

新着記事