「ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ」 © 2024 FOCUS FEATURES LLC

「ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ」 © 2024 FOCUS FEATURES LLC

2024.7.08

「ホールドオーバーズ」に涙止まらず 梅山富美子

2024年も半分が過ぎ、映画館で配信で、たくさんの作品が公開されています。1年の折り返し点でちょっと立ち止まって、今年の秀作、話題作をおさらいしてみませんか。ひとシネマ執筆陣が、上半期の作品からお勧めの5本を選びました。

梅山富美子

梅山富美子

「ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ」
「私の夫と結婚して」Amazon Prime Videoドラマ
「涙の女王」Netflixドラマ
「財閥×刑事」ディズニープラスドラマ
「ソンジェ背負って走れ」U-nextドラマ

韓ドラ勢い どどまらず

心の奥深くに刺さり、涙が止まらない映画にまれに出会うことがある。「ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ」がその映画であり、途中からはわけもわからず泣き続けた。教師ポール、学生のアンガス、寮の料理長メアリーの寂しくて温かい物語は美しく尊く、こういう映画に出会うために映画を見ているんだなと思わせる1本だった。

普段は専ら韓国ドラマを紹介しているので、残り4作品は韓ドラで。それぞれ韓国で高視聴率を獲得したりSNSで話題となったりしたのも納得の面白さ。いずれも魅力的な登場人物、(時々ツッコミ要素もありつつ)ジェットコースターのような緩急がある物語に強烈に引きつけられた。上半期だけでこのラインアップなので、韓国ドラマの勢いはまだまだとどまることはなさそう。
 
ちなみに、紹介した4作品は日本での動画配信サービス先が別々。それぞれの特色が出ているような気がして興味深い。

関連記事

ライター
梅山富美子

梅山富美子

うめやま・ふみこ ライター。1992年生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒業後、映像制作会社(プロダクション・マネージャー)を経験。映画情報サイト「シネマトゥデイ」元編集部。映画、海外ドラマ、洋楽(特に80年代)をこよなく愛し、韓ドラは2020年以降どハマり。

新着記事