「さかなのこ」©2022「さかなのこ」製作委員会

「さかなのこ」©2022「さかなのこ」製作委員会

2022.9.02

この1本:「さかなのこ」 のびのびとはみ出して

毎週公開される新作映画、どれを見るべきか? 見ざるべきか? 毎日新聞に執筆する記者、ライターが一刀両断。褒めてばかりではありません。時には愛あるダメ出しも。複数の筆者が、それぞれの視点から鋭く評します。筆者は、勝田友巳(勝)、高橋諭治(諭)、細谷美香(細)、鈴木隆(鈴)、山口久美子(久)、倉田陶子(倉)、渡辺浩(渡)、木村光則(光)。

さかなクンの自伝的エッセーを、沖田修一監督が映画化。「好き」を貫いていいんだというメッセージ以上に、沖田監督の〝はみ出し者〟への強い共感と、境界を越えてゆくことへの憧れがひしひしと感じられる。思いっきり自由を謳歌(おうか)する主人公に、のびのびとした気分になれる一作。

ミー坊はお魚が大好き、というより魚のことしか頭にない。理解を示す母親(井川遥)の元、心ゆくまで魚を観察し、お魚新聞を作り、魚料理を食べる日々。同級生が恐れるギョギョおじさん(さかなクン)と意気投合し、高校生になるとカブトガニの人工ふ化に成功してニュースになる。魚の仕事に就いても社会常識がないから長続きせず、しばし迷走するものの、やがて魚の知識とイラストで唯一無二の存在として認められる。

物語はさかなクンのたどった道のりに基づくのだろうが、映画の舞台は現実社会の周縁にある、マージナルな場所。誇張とユーモア満載で、ファンタジー調に彩られている。

小学生のミー坊が時間を忘れて至福の時を過ごすギョギョおじさんの家は、まさに竜宮城。高校生のミー坊は学ランに身を包み、性別を超越して存在する。高校の不良、総長(磯村勇斗)とライバル、カミソリ籾(もみ)(岡山天音)とのにらみ合いに魚トークで割って入り、和気あいあいとイカの刺し身に舌鼓を打つ懇親会にしてしまう。周囲がどうあれ決して変わらない、変えられないミー坊に、世の中が合わせるようになる。母親をはじめ総長や幼なじみの狂犬ヒヨ(柳楽優弥)ら、誰かが救いの手を差し伸べる。

高校以降のミー坊を演じたのんの、前向きで陽性のたたずまいがピッタリ。成功物語はおとぎ話風でも、さかなクンの実例があるから説得力も抜群だ。真っすぐなまなざしで「普通って何?」と問いかけるミー坊に、喝采を送りたい。2時間19分。東京・TOHOシネマズ日比谷、大阪・TOHOシネマズ梅田ほか。(勝)

ここに注目

クスッとした笑いや独特の間のとり方、晴れやかな余韻など沖田節全開。学生時代の不良にしても、ミー坊が社会に出て関わる人も、穏やかで憎めない人ばかり。ここまで〝いい人〟がそろうと、つべこべ言わずに楽しもうという気になる。現実を忘れて、優しい人ばかりの世界で幸せな気分に浸るのも、たまには悪くない。狂犬も、訳ありの幼なじみモモコも、ペットショップの店長だって、みんなちゃんと生きている。気分を解放して、素直にミー坊の半生を笑っちゃおう。この映画、結構な心のサプリになるかもしれませんよ。(鈴)

技あり

佐々木靖之撮影監督はミー坊の成長を、明るく分かりやすく撮る。引き画(え)で説明し、アップで芝居を見せる組み立てか。歯医者の豪華な水槽をプロデュースしたミー坊が、地味なオタク的魚種でいっぱいにして断られる。状況をのみ込めない様子のアップ。空転状態で総長に救われ、カミソリ籾のスナックの壁に魚の絵を描く。熱中するアップがいい。また狂犬ヒヨに頼まれ、テレビ番組にゲスト出演。出を待つ時の芝居というより本気の大きい横顔は、魅惑度が本編随一。「男か女かは、どっちでもいい」という沖田監督の姿勢が貫かれた。(渡)

さかなのこ

お魚が大好きな小学生“ミー坊”は、寝ても覚めてもお魚のことばかり。お魚を、毎日見つめて、毎日描いて、毎日食べて。他の子供と少し違うことを心配する父親とは対照的に、母親はミー坊を信じて応援し、背中を押し続けるのだった。高校生になり相変わらずお魚に夢中のミー坊は、町の不良ともなぜか仲良し、まるで何かの主人公のようにいつの間にか中心にいる。やがて1 人暮らしを始めたミー坊は、思いがけない出会いや再会の中で、たくさんの人に愛されながら、ミー坊だけが進むことのできるただ一つの道にまっすぐに飛び込んで行くーー。

新着記事