「マッドマックス2」©1981Kennedy Miller Entertainment Pty., Ltd.©1981Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

「マッドマックス2」©1981Kennedy Miller Entertainment Pty., Ltd.©1981Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

2024.6.06

メル・ギブソンが「マッドマックス2」撮影前に見た「シェーン」と「用心棒」 1981年来日会見記

1979年に公開された「マッドマックス」は、その大胆な世界観と斬新なアクションでカルト映画の金字塔となりました。3部作でいったん幕を閉じながら、30年を経て奇跡的復活、スケールを拡大して世界を席巻しています。第1作から最新作「フュリオサ」まで、シリーズの全体像と影響を振り返ります。

最新作「マッドマックス:フュリオサ」が公開中の長寿シリーズ、原点はこの人、メル・ギブソン。「怒りのデス・ロード」での復活はならなかったものの、今でもマックス・ロカタンスキーと聞けば思い出す、という人も多いのでは。1981年、「マッドマックス2」公開に合わせて来日し、毎日新聞のインタビューを受けている。「マッドマックス」撮影直前に免停になっていたことを明かし、後の問題児イメージの一端も感じさせながら、「映画でもうけて舞台に注ぎ込む」「ハリウッドの脚本は気にくわないので断っている」と心意気も見せている。同年12月19日付けの記事を再掲しよう。

「映画で稼いで舞台に」「ハリウッドの脚本はつまらない」

正月映画の娯楽大作は数あれど、痛快大迫力という点での最右翼「マッドマックス2」のヒーロー、マックス役のメル・ギブソンが来日した。バイオレンスな役柄とは似つかない優男だ。「ひとをあざむくのが、俳優の面白いところですよ」と彼はいう。第1作でオーストラリア映画を世界に誇示し、彼自身も国際的なスターとなった。

「3年間学んだ演劇学校を卒業した翌日『マッドマックス』(第1作)の出演依頼があった。アクションスターになる気もなかったし、その3カ月前に交通違反で免停になったばかりだったから車をぶっ飛ばす役はどうかと思ったけど、とにかく面白そうな映画だったんで出演したんだ。第2作までの2年間に7本の映画に出た。その中では〝ガリポリ〟がオーストラリアだけでなくアメリカでもヒットしたことはご存じでしょうか」

「ガリポリ」は第一次世界大戦でトルコに出陣したオーストラリア軍の2人の若い兵士の目を通して見た戦争叙事詩。日本でも公開される予定。「マッドマックス2」は中東戦争でアラブの石油地帯が火の海となり、世界的に石油パニックが起こり、オーストラリアの砂漠地帯の製油所をめぐって暴徒と化した若者の一群とその石油を持ってパラダイスを築こうとする住民集団の凄惨(せいさん)な戦いが続いている、という状況のドラマ。そこにふらりとやってきてあわよくば石油を横取りしようというのがマックスであり、マックスの車のオイルを抜き取ったのがライバル、ジャイロ・キャプテン(ブルース・スペンス)である。

横転シーンのスタントは失敗だった

砂漠の中に孤立した製油所はアパッチ砦かインディアンに取り囲まれた幌馬車隊という感じである。「撮影にかかる前に監督のジョージ・ミラーは〝シェーン〟と〝用心棒〟を全員に見せた。彼は日本にも来ているし、クロサワの映画だけでなく〝隠密剣士〟などの日本の映画やテレビに影響を受けている。ついでにいうと〝西遊記〟のナツメマサコはいまオーストラリアで大人気ですよ。ジョージは医者出身で第1作が長編のデビューだったけど、解剖をやってるから血なまぐさいシーンが好きだなんていうのはウソですよ。とてもジェントルな男。チャイルドアイを持っている。バイオレンス映画を撮る監督が必ずしも見かけまでタフとはいえない」

無名時代に知り合ったOLの夫人とことし結婚した。舞台公演で南オーストラリアのアドレードに行ったときに知り合った。「数年間はプラトニックな関係が続いた」という。「映画でもうけて舞台に注ぎ込む。ハリウッドから映画出演の申し込みはいくつもあるが、脚本が気にくわないので全部断っている」そうだ。

映画のヤマ場は製油所の大爆発だ。「1万1000リットルのガソリンを燃やしたんだ。映画ではずいぶん長く次々爆発しているみたいだが、一瞬だったよ。このくらい」と指をパチッと鳴らす。「ぼくの車が横転するシーンは失敗したスタントだったんです。車がゆっくりゴロンとしか転がらなかった。それを編集でカバーしたのだ。ジョージ(監督)は編集がうまいし、時間もかける。危険なシーンも十分に準備してやるから、ぼくのように舞台の経験しかない役者でもスタントをやっているように見せられる。何も主張のない映画ともいえるが、観客に開放感を与えるでしょう。徹底した激しさこそハイアドベンチャー映画の生命だ」

関連記事

新着記事