©2023「アナログ」製作委員会 ©T.N GON Co., Ltd.

©2023「アナログ」製作委員会 ©T.N GON Co., Ltd.

2023.11.01

浜野謙太、二宮和也から「ニノ」呼び禁止。映画「アナログ」〝人気トリオ〟が「もう一度会いたい」大ヒット御礼舞台挨拶

公開映画情報を中心に、映画評、トピックスやキャンペーン、試写会情報などを紹介します。

ひとしねま

ひとシネマ編集部

ビートたけしの純愛小説を二宮和也&波瑠の共演で実写映画化した「アナログ」(毎日新聞社など製作委員会)が、現在大ヒット公開中。10月31日(火)に二宮和也、桐谷健太、浜野謙太ら親友役の映画「アナログ」〝人気トリオ〟が都内映画館で「もう一度会いたい」大ヒット御礼舞台挨拶を実施しました。
 
主人公の悟(二宮)と携帯を持たない謎めいた女性・みゆき(波瑠)が、携帯電話で気軽に連絡が取れる現代に、あえて連絡先を交換せずに、週に一度だけ〝会うこと〟を大切にしてゆっくりと関係を紡いでいきます。公開から約1か月経つが「涙が止まらなかった」「悟とみゆきの美しい世界に魅了されました」「目の前の人を大切にしないと!と改めて思える作品」など絶賛の口コミが SNS 上に溢れリピーターが続出しています。
 
この日はTOHOシネマズ六本木より、全国102スクリーンに向けて同時生中継。主演の二宮は全国のファンに向けて手を大きく振りながら「数ある作品の中から『アナログ』を選んでいただきありがとうございます!102スクリーンの全国の皆さんも、今日は宜しくお願いします!」と元気に挨拶しました。
 
二宮は桐谷&浜野との親友シーンについて「この3人のシーンは見ていて楽しかったし、3人のシーンがないと成立していなかったのではないかと思うくらい、この映画の根幹になるシーン。本編には使用されなかったシーンもたくさんあって楽しかったので、映画を観ながら思い出して自分は倍楽しめたような気がする」とすっかりお気に入りの様子でした。

 
悟の小学校以来の友人・高木淳一役の桐谷は「この3人のシーンでバッサリとカットされたところもたくさんあるので、DVDが発売される際に観られるようにしてほしい。僕ら自身も観てみたいから」と特典映像に期待していました。

 
高木と同じく悟の小学校以来の友人・山下良雄役の浜野は、今作で二宮とは初共演。ゆえに「最初の頃に撮った3人での焼き鳥屋のシーンではちょっとだけ照れていた」と告白するも「その時は『二宮さん』と呼んでいたけれど、今では『ニノ』呼びだからね」と今ではすっかり二宮とも親友だと自負しました。
 
すると二宮は「でも俺は認めてないからね。呼ぶなら『二宮君』がいい」とバッサリで、折衷案として桐谷が「『ニノ』がダメなら『カズ』にしてみては?」と提案。これに浜野は「『カズ』・・・・・・確かにカッコいい。その呼び方は俺しかしないわけだから」と喜ぶも、当の二宮からは「いや・・・・・・『二宮君』で」とかたくなに拒まれてしまいました。
 
この日も二宮と桐谷からいじられっぱなしの浜野だったが「最近は現場に行っても年齢が上の方だからいじってくれる人がいない。だからこの二人が真っ向からいじってくれるのが嬉しい。どちらかと言えば気持ちがいいかも」と喜色満面。すると桐谷から「こちらがポカ~ンとなるくらい、一緒にダンス動画を撮ってくれ感が強かった」と撮影時の一コマを思い出され、浜野曰く「空中に浮いているように見える」今流行りのダンスを急遽、舞台上で披露することに。

 
浜野はそのダンスのステップを必死に踏む様子を二宮からスマホで撮影されたり、桐谷から「存在が〝浮いている〟」などと突っ込まれたりして、2人から終始いじられていました。
 
二宮はこの3人の仲睦まじい空気感に触れて「そもそも相性が良くて、結果的に仲良くなった。初めて会った瞬間から『だよね』みたいなしっくりくる感じがあった。だからこそ3人のシーンでは長回し撮影ができたのだと思う」と手応え。桐谷も「以前に何回会って何度一緒に仕事をしたかという、それだけが理由ではない。きっとお互いの波長というのが合う気がする」とその理由を分析しました。
 
一方、浜野はシリアスな演技を要求されたシーンの撮影を振り返り「ニノが『一人にしてあげようか?大丈夫?』と僕に気を遣ってくれた」と二宮に感謝。これに桐谷が「俺も気にかけていたよね?」と聞くと、即答で浜野は「してないです。横でベラベラベラと喋っていました!」とジロッと睨んで場内爆笑となりた。
 
この日は事前に映画公式Xで3人への質問を募集。「このトリオでまた共演するなら?」との質問には、「三国志」「水戸黄門」などの候補作が挙がる中、二宮は「『ゆとりですがなにか』とかは?」とまさかの提案。桐谷が「俺たち全然ゆとり世代じゃないし!高校の時ポケベル持っていたけど!?」と爆笑するも、二宮は「凄いニセモノ感が出るけど、まったく知らない顔して同じことをやってみない?」と、劇中の3人同様に悪ノリを繰り返すのでした。
 
スクリーンの中そのままの仲の良さを炸裂させた舞台挨拶もあっという間に終了のお時間に。最後に主演の二宮は「僕らもこうして集まると撮影時の楽しかったシーンが蘇ってくるくらい思い出深い作品です。皆さんにも何度も観ていただき、何度も映画館で再会してもらえたら嬉しいです」とロングランヒットを祈願しました。映画「アナログ」は大ヒット公開中!
 

ライター
ひとしねま

ひとシネマ編集部

ひとシネマ編集部

この記事の写真を見る

  • 息ぴったりの3人
さらに写真を見る(合計1枚)

新着記事