©︎2023「アナログ」製作委員会 ©︎T.N GON Co., Ltd.

©︎2023「アナログ」製作委員会 ©︎T.N GON Co., Ltd.

2023.8.17

「アナログ」リリー・フランキー、鈴木浩介など主人公・悟(二宮和也)のクセ強な周辺キャラクター写真解禁!

公開映画情報を中心に、映画評、トピックスやキャンペーン、試写会情報などを紹介します。

ひとしねま

ひとシネマ編集部

二宮和也演じる主人公の悟と、波瑠演じる携帯を持たない謎めいた女性・みゆき。喫茶店で出会ったふたりが交わした、たったひとつの大切な約束。「毎週木曜日に、この場所で会いましょう」。携帯電話で気軽に連絡が取れる現代に、あえて連絡先を交換せずに、週に一度だけ〝会うこと〟を大切にしてゆっくりと関係を紡いでいく映画「アナログ」(毎日新聞社など製作委員会)。2人の恋愛を通じて描かれ、コロナ禍を経た今だからこそ実感する〝会うこと〟の大切さ。いつの時代も変わらない愛の原点=「大切な人にただ会える喜び」を描いた、この秋一番の感動作です。

リリー・フランキー演じる喫茶店「ピアノ」のマスターや鈴木浩介演じるデザイン会社の上司など、二宮和也演じる悟の周りには個性豊かな登場人物ばかり! この度、そんな周囲の人間と悟の関係性がわかる場面写真を一挙解禁しました。


悟とみゆきの出会いは喫茶店「ピアノ」。その店のマスター・田宮(リリー・フランキー)は、いつも静かにカウンターに佇み、週に一度、木曜日にピアノで会う約束を交わす悟とみゆきの関係を誰よりも近くで見守っています。2人が会えた日には笑顔で店から送り出し、片一方が来ることができず会えなかった日には、ずっと待ち続ける2人の姿を優しく見届けています。そんな慈愛に満ちたキャラクターを演じたリリー・フランキーは「とにかく目立たないように」ということを意識して演じたと明かしました。また共演した二宮の印象については「(共演する度に)本当に毎回素晴らしいなと。二宮君の作る雰囲気に引っ張られ、それがすごく理知的でもあり動物的でもあるというか。稀有な俳優さんだと思います」と語っています。


さらに悟が勤めるデザイン会社の面々も個性派揃いです。直属の上司である岩本(鈴木浩介)は、「ドラスティック」「イシュー」といったカタカナビジネス用語を多用し、悟や部下たちを困惑させるキャラクター。悟はそんな岩本に自身のデザインをとられ、度々手柄を奪われているが、本人はあまり気にしていない様子。

今井隆文演じるアフロヘアの同期・坂上や、円井わん演じる後輩の吉田からは「永遠に部長(岩本)のゴースト」と言われ、少しはプライドを持った方がいいと呆れられています。みゆきの前での姿とはまた違った悟の一面が伺えるシーンばかりとなっています。

そして悟を演じる上で意識したことについて二宮は「僕自身がいろんな人と会った時に、そのいろんな人ごとに僕の印象があるように、自分で自分を「こうなんで」と決める必要はないと思っています。僕が客観的に悟を見てしまうと、誰が悟を主観で見るんだということになります。僕が唯一考えなくていいキャラクターは自分が演じる役、と思っているので基本的には僕はあまり考えないですね。だから、みゆきさんや友達やお母さん、会社の人たちなど、周囲の人と一緒にいるときに、その人たちに向ける様々な顔があるということだけで充分なのかなと僕は思っているんです。」と語りました。


悟と周囲の登場人物の関係にも注目しながら映画を観ると、また違った悟の一面に気づくことができるかもしれません。

愛の原点=「大切な人にただ会える喜び」を描いた、涙なしでは見られない、この秋一番の感動作「アナログ」は、10月6日(金)より全国公開されます。

関連記事

ライター
ひとしねま

ひとシネマ編集部

ひとシネマ編集部

この記事の写真を見る

  • ©︎2023「アナログ」製作委員会 ©︎T.N GON Co., Ltd.
  • ©︎2023「アナログ」製作委員会 ©︎T.N GON Co., Ltd.
  • ©︎2023「アナログ」製作委員会 ©︎T.N GON Co., Ltd.
  • ©︎2023「アナログ」製作委員会 ©︎T.N GON Co., Ltd.
  • ©︎2023「アナログ」製作委員会 ©︎T.N GON Co., Ltd.
  • ©︎2023「アナログ」製作委員会 ©︎T.N GON Co., Ltd.
さらに写真を見る(合計12枚)

新着記事