はたらく細胞

はたらく細胞

原作は、清水茜による細胞を擬人化した同名漫画。シリーズ累計発行部数1,000万部を超えるヒットを記録し、アニメ化や多くのスピンオフ作品を生みだした。実写映画化にあたっては、永野芽郁が赤血球、佐藤健が白血球(好中球)を演じるダブル主演。監督は、「翔んで埼玉」(2019年)、「テルマエ・ロマエ」(12年)の武内英樹、「るろうに剣心」(12年、14年)、「幽☆遊☆白書」(23年)の大内貴仁がアクション演出を務める。

人間の体内には、37兆個の細胞がある。体中に酸素を運ぶ赤血球、細菌やウイルスと戦う白血球、そのほか無数の細胞たちが、あなたの健康と命を守るために日夜全力ではたらいているのだ。そして2024年12月、映画史上〝最小〟の主人公である細胞たちによる「体内史上最大の戦い」が幕を開ける。

公開:2024年12月
©清水茜/講談社 ©2024映画「はたらく細胞」製作委員会

予告編を見る:

原作 :

脚本 :

アクション監督 :

2024年 /日本

新着記事