「ゴジラ-1.0」©2023 TOHO CO.,LTD.

「ゴジラ-1.0」©2023 TOHO CO.,LTD.

2024.3.07

「ゴジラ-1.0」オスカー像手にできるか 宮崎監督2度目の栄冠は 第96回アカデミー賞授賞式迫る

第96回アカデミー賞授賞式は、3月10日。コロナ禍の影響に加え大規模ストライキにも直撃されながら、2023年は多彩な話題作、意外な問題作が賞レースを賑わせている。さて、オスカー像は誰の手に――。

ひとしねま

ひとシネマ編集部

第96回アカデミー賞は10日(日本時間11日)、ロサンゼルス・ドルビーシアターで授賞式が行われる。2023年は俳優と脚本家のストライキの影響で、製作、公開日程が狂い、候補に並んだ作品は例年以上に多彩、多様。日本映画も3部門で候補入りした。さて賞の行方は――。

スト余波でアート色強く 日本関連が存在感

賞レースの中心は作品、監督、俳優の3賞など最多13部門で候補入りした「オッペンハイマー」だろう。ゴールデングローブ賞ではドラマ部門の作品賞など5冠と前哨戦でもリード。クリストファー・ノーラン監督は「インセプション」「ダンケルク」など何度も候補になりながら、作品賞や監督賞は逃してきた。栄冠をつかめるか。

23年は、5月から脚本家組合が、7月から俳優組合がストライキに突入。俳優組合が11月に妥結するまで製作が滞り、ハリウッド作品は品薄だ。例年に増して、欧州映画祭に出品されたアート色の強い作品が目立つ。

作品賞など11部門で候補入りの「哀れなるものたち」は、ベネチア国際映画祭で金獅子賞。ゴールデングローブ賞のミュージカル・コメディー部門で作品賞などを制した。ギリシア出身のヨルゴス・ランティモス監督とエマ・ストーンは前作「女王陛下のお気に入り」でも組んだ強力コンビ。監督賞、主演女優賞でもノミネートされている。

作品賞、監督賞、主演女優賞など計5部門で候補入りした「落下の解剖学」は、フランス映画。カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した。これに次ぐグランプリを受賞したのが、英国映画「関心領域」だ。こちらも作品賞など5部門でノミネート。作品賞、脚本賞候補の「パスト ライブス/再会」も同じカンヌのコンペ出品作品と、作品賞レースはまるでカンヌの〝再戦〟の様相だ。

アカデミー賞はもはや動画配信サービスなしに語れない。作品賞だけでもネットフリックスの「マエストロ:その音楽と愛と」、アップルの「キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン」と力作が並ぶ。

日本映画も3部門で候補に

米国では「オッペンハイマー」と同日公開された「バービー」は、興行収入では圧勝しながら賞レースではもう一息。作品賞、助演男女優賞など7部門で候補入りしたものの、グレタ・ガーウィグ監督、主演のマーゴット・ロビーは候補から漏れた。1970年代の米国が舞台の「ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ」、風刺コメディーの「アメリカン・フィクション」は共に、地味な内容ながら作品賞など5部門で候補となっている。

俳優賞候補20人のうち、オスカー受賞経験者は3人だけ。主演女優賞では米先住民のリリー・グラッドストーン、ドイツのザンドラ・ヒュラーが候補入りし、注目だ。

今回は日本関連も存在感を示す。長編アニメーション映画賞で「君たちはどう生きるか」が受賞すれば、宮崎駿監督は03年「千と千尋の神隠し」に続いて2度目の快挙だ。国際長編映画賞にはビム・ベンダース監督の「PERFECT DAYS」が候補入り。ドイツの巨匠が日本で撮影した日本映画。

視覚効果賞では「ゴジラ-1.0」が候補入り。「ナポレオン」や「ミッション:インポッシブル」など大作と並んだのは、日本の技術がひけをとらないレベルに達した証しだろう。山崎貴監督らはハリウッド入りして作品をプッシュ。オスカー像を手にした受賞スピーチの晴れ姿、期待したい。

【第96回アカデミー賞全候補者・作品】

□作品賞

アメリカン・フィクション

ベン・ルクレール、Nikos Karamigios、コード・ジェファーソン、ジャーメイン・ジョンソン

落下の解剖学

マリー=アンジュ・ルシアーニ、デイビット・ティオン

バービー

デビッド・ハイマン、マーゴット・ロビー、トム・アカーリー、Robbie Brenner

ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ

マーク・ジョンソン

キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン

ダン・フリードキン、ブラッドリー・トーマス、マーティン・スコセッシ、ダニエル・ルピ

マエストロ: その音楽と愛と

ブラッドリー・クーパー、スティーブン・スピルバーグ、フレッド・バーナー、エイミー・ダーニング、クリスティ・マコスコ・クリーガー

オッペンハイマー

エマ・トーマス、チャールズ・ローべン、クリストファー・ノーラン

パスト ライブス/再会

デイビット・イノホサ、クリスティーン・べイコン、パメラ・コフラー

哀れなるものたち

エド・ギニー、アンドリュー・ロウ、ヨルゴス・ランティモス、エマ・ストーン

関心領域

ジェームス・ウィルソン

□監督賞

ジュスティーヌ・トリエ

落下の解剖学

マーティン・スコセッシ

キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン

クリストファー・ノーラン

オッペンハイマー

ヨルゴス・ランティモス

哀れなるものたち

ジョナサン・グレイザー

関心領域

□主演男優賞

ブラッドリー・クーパー

マエストロ: その音楽と愛と

コールマン・ドミンゴ

ラスティン: ワシントンの「あの日」を作った男

ポール・ジアマッティ

ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ

キリアン・マーフィー

オッペンハイマー

ジェフリー・ライト

アメリカン・フィクション

□主演女優賞

アネット・ベニング

ナイアド 〜その決意は海を越える〜

リリー・グラッドストーン

キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン

ザンドラ・ヒュラー

落下の解剖学

キャリー・マリガン

マエストロ: その音楽と愛と

エマ・ストーン

哀れなるものたち

□助演男優賞

スターリング・K・ブラウン

アメリカン・フィクション

ロバート・デ・ニーロ

キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン

ロバート・ダウニー・Jr.

オッペンハイマー

ライアン・ゴズリング

バービー

マーク・ラファロ

哀れなるものたち

□助演女優賞

エミリー・ブラント

オッペンハイマー

ダニエル・ブルックス

カラーパープル

アメリカ・フェレーラ

バービー

ジョディ・フォスター

ナイアド 〜その決意は海を越える〜

ダバイン・ジョイ・ランドルフ

ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ

□脚本賞

落下の解剖学

ジュスティーヌ・トリエ、アルチュール・アラリ

ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ

デビッド・ヘミングソン

マエストロ: その音楽と愛と

ブラッドリー・クーパー、ジョシュ・シンガー

May December(原題)

サミー・バーチ、アレックス・メチャニク

パスト ライブス/再会

セリーヌ・ソング

□脚色賞

アメリカン・フィクション

コード・ジェファーソン

バービー

グレタ・ガーウィグ、ノア・バームバック

オッペンハイマー

クリストファー・ノーラン

哀れなるものたち

トニー・マクナマラ

関心領域

ジョナサン・グレイザー

□撮影賞

伯爵

エドワード・ラックマン

キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン

ロドリゴ・プリエト

マエストロ: その音楽と愛と

マシュー・リバティーク

オッペンハイマー

ホイテ・バン・ホイテマ

哀れなるものたち

ロビー・ライアン

□視覚効果賞

ザ・クリエイター/創造者

ジェイ・クーパー、Ian Comley、アンドリュー・ロバーツ、ニール・コーボールド

ゴジラ-1.0

山崎貴、渋谷 紀世子、高橋正紀、野島達司

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3

ステファン・セレッティ、Alexis Wajsbrot、Guy Williams、テオドール・ビアレク

ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE

アレックス・ヴトケ、シモン・ココ、Jeff Sutherland、ニール・コーボールド

ナポレオン

チャーリー・ヘンリー、Luc-Ewen Martin-Fenouillet、シモン・ココ、ニール・コーボールド

□美術賞

バービー

サラ・グリーンウッド、ケイティ・スペンサー

キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン

ジャック・フィスク、アダム・ウィリス

ナポレオン

アーサー・マックス、エリ・グリフ

オッペンハイマー

ルース・デ・ヨング、クレア・カウフマン

哀れなるものたち

ジェームス・プライス、ショナ・ヒース、Zsuzsa Mihalek

□衣装デザイン賞

バービー

ジャクリーヌ・デュラン

キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン

ジャクリーン・ウェスト

ナポレオン

ジャンティ・イェーツ、デイビット・クロスマン

オッペンハイマー

エレン・ミロイニック

哀れなるものたち

ホリー・ウォディントン

□メイクアップ&ヘアスタイリング賞

Golda

カレン・ハートレイ、Suzi Battersby、Ashra Kelly-Blue

マエストロ: その音楽と愛と

カズ・ヒロ、ケイ・ジョージウー、ロリ・マッコイ・ベル

オッペンハイマー

ルイーザ・アビル

哀れなるものたち

ナディア・ステーシー、マーク・クーリエ、ジョッシュ・ウェストン

雪山の絆

Ana López-Puigcerver、デイビット・マルティ、ムンセ・リベー

□作曲賞

アメリカン・フィクション

ローラ・カープマン

インディ・ジョーンズと運命のダイヤル

ジョン・ウィリアムズ

キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン

ロビー・ロバートソン

オッペンハイマー

ルドウィグ・ゴランソン

哀れなるものたち

ジャースキン・フェンドリックス

□歌曲賞

THE FIRE INSIDE(Flamin' Hot)

ダイアン・ウォーレン

I'M JUST KEN(バービー

マーク・ロンソン、Andrew Wyatt

IT NEVER WENT AWAY(ジョン・バティステ: アメリカン・シンフォニー

ジョン・バティステ、Dan Wilson

WAHZHAZHE (A SONG FOR MY PEOPLE)(キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン

スコット・ジョージ

WHAT WAS I MADE FOR?(バービー

ビリー・アイリッシュ、フィニアス・オコネル

□編集賞

落下の解剖学

ローラン・セネシャル

ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ

ケビン・テント

キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン

セルマ・スクーンメイカー

オッペンハイマー

ジェニファー・レイム

哀れなるものたち

ヨルゴス・モヴロプサリディス

□音響賞

ザ・クリエイター/創造者

Ian Voigt、エリック・エーダール、イーサン・ヴァン・ダー・リン、Tom Ozanich、ディーン・ズパンシク

マエストロ: その音楽と愛と

Steven A. Morrow、リチャード・キング、ジェイソン・ルーダー、Tom Ozanich、ディーン・ズパンシク

ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE

クリス・ムンロ、ジェームズ・マザー、クリス・バードン、Mark Taylor

オッペンハイマー

ウィリー・D・バートン、リチャード・キング、ゲイリー・リッツオ、Kevin O'Connell

関心領域

ターン・ウィラーズ、ジョニー・バーン

□国際長編映画賞

IO CAPITANO

イタリア

PERFECT DAYS

日本

雪山の絆

スペイン

ありふれた教室

ドイツ

関心領域

イギリス

□長編アニメーション映画賞

君たちはどう生きるか

宮崎駿、鈴木敏夫

マイ・エレメント

ピーター・ソーン、デニース・リーム

ニモーナ

ニック・ブルーノ、トロイ・クイーン、Karen Ryan、ジュリー・ザッカリー

ロボット・ドリームズ

パブロ・ベルヘル、Ibón Cormenzana、Ignasi Estapé、サンドラ・タピア

スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース

ケンプ・パワーズ、Justin K. Thompson、Phil Lord、クリス・ミラー、エイミー・パスカル、

□短編アニメーション映画賞

LETTER TO A PIG

タル・カンター、Amit Russell Gicelter

NINETY-FIVE SENSES

ジェルーシャ・ヘス、ジャレッド・ヘス

OUR UNIFORM

イェガネ・モガダム

PACHYDERME

ステファニー・クレメント、マーク・リウス

WAR IS OVER! INSPIRED BY THE MUSIC OF JOHN & YOKO

デイブ・マリンズ、ブラッド・ブッカー

□長編ドキュメンタリー映画賞

ボビ・ワイン:ゲットー・プレジデント

モージズ・ブワヨ、クリストファー・シャープ、ジョン・バトセック

THE ETERNAL MEMORY

FOUR DAUGHTERS

カウテール・ベン・ハニア、Nadim Cheikhrouha

TO KILL A TIGER

ニシャ・パフージャ、Cornelia Principe、デイビット・オッペンハイム

実録 マリウポリの20日間

ムスチスラフ・チェルノフ、ミッチェル・マイズナー、ラニー・アロンソン=ラス

□短編ドキュメンタリー映画賞

THE ABCS OF BOOK BANNING

シエラ・ネビンス、トリッシュ・アドレジック

THE BARBER OF LITTLE ROCK

ジョン・ホフマン、クリスティン・ターナー

ISLAND IN BETWEEN

S. Leo Chiang、ジーン・ツィン

THE LAST REPAIR SHOP

ベン・プラウドフット、クリス・バワーズ

NǍI NAI & WÀI PÓ

シーン・ワング、サム・デイビス

□短編映画賞

THE AFTER

ミサン・ハリマン、ニッキー・ベンサム

INVINCIBLE

ビンセント・ルネ・ロルティ、サミュエル・キャロン

KNIGHT OF FORTUNE

Lasse Lyskjær Noer、Christian Norlyk

RED, WHITE AND BLUE

ナズーリン・チョウドリー、サラ・マクファーレーン

ヘンリー・シュガーのワンダフルな物語

ウェス・アンダーソン、ステーヴン・M・レイルズ

関連記事

ライター
ひとしねま

ひとシネマ編集部

ひとシネマ編集部

新着記事