ウーマン・トーキング 私たちの選択

ウーマン・トーキング 私たちの選択

原作は、2018年に出版されたミリアム・トウズのベストセラー小説「WOMEN TALKING」。2005年から2009年にボリビアで起きた実際の事件を元に描かれている。本作への出演とプロデュースを務めたオスカー女優フランシス・マクドーマンドがブラッド・ピット率いる映画制作会社PLAN Bへ話を持ち込み、映画化が実現した。監督は、「死ぬまでにしたい10のこと」(2003年)などで女優として活躍しながら、「アウェイ・フロム・ハー」(2006年)で監督、脚本家としてデビューしたサラ・ポーリー。本作でも監督、脚本を手掛けた。主演は2度アカデミー賞にノミネートされたルーニー・マーラ。さらに、2度エミー賞を獲得したクレア・フォイや、ジェシー・バックリー、「007」シリーズ、Q役のベン・ウィショーなどが顔を揃えた。

舞台は2010年の架空の村。自給自足で生活するキリスト教一派の村で女性たちが度々レイプされる事件が起きる。 これまで女性たちはそれを「悪魔の仕業」、「作り話」と男性たちに否定されていたが、それが実際に犯罪だったということを知る。男性たちが街へと出かけている2日間、彼女たちは自らの未来を懸けた話し合いを行う。

公開:2023年初夏
配給:パルコ、ユニバーサル映画 
© 2022 Orion Releasing LLC. All rights reserved.

新着記事