第35回東京国際映画祭審査委員会見に臨んだ(左から)柳島克己、マリークリスティーヌ・ドゥ・ナバセル、ジュリー・テイモア、ジョアン・ペドロ・ロドリゲス、シム・ウンギョン=勝田友巳撮影

第35回東京国際映画祭審査委員会見に臨んだ(左から)柳島克己、マリークリスティーヌ・ドゥ・ナバセル、ジュリー・テイモア、ジョアン・ペドロ・ロドリゲス、シム・ウンギョン=勝田友巳撮影

2022.10.25

「リリイ・シュシュのすべて」に衝撃 シム・ウンギョン 東京国際映画祭審査委員が会見

第35回東京国際映画祭が始まります。過去2年、コロナ禍での縮小開催でしたが、今年は通常開催に近づきレッドカーペットも復活。日本初上陸の作品を中心とした新作、話題作がてんこ盛り。ひとシネマ取材陣が、見どころとその熱気をお伝えします。

勝田友巳

勝田友巳

第35回東京国際映画祭の審査委員記者会見が25日、行われた。「羅生門」「東京物語」「リリイ・シュシュのすべて」。5人の国際的な審査委員が口々に、日本映画への敬意と愛を語った。
 

クロサワは偉大なストーリーテラー

審査委員長の米国の演出家・映画監督のジュリー・テイモアは「15歳の時にパリで初めて見た外国映画が『羅生門』(黒澤明監督)だった」と振り返った。「わたしの人生を変えた。黒澤と他の日本映画の監督たちのおかげで映画監督になった。黒澤はすばらしいストーリーテラーで名監督だ」

©2022TIFF
 コロナ禍を経た世界では「すべてがリアルになりすぎた」といい、「大切なのは想像力。映画は暗い物語でも美しく語り、心を開き、文化を超える。ソファでスマホを見るのではなく、みんなと一緒に映画館で映画を見よう」と訴えた。
 

芸術は世界に希望を与える ジョアン・ペドロ・ロドリゲス

ポルトガルの映画監督ジョアン・ペドロ・ロドリゲスは、「黒澤明、溝口健二、小津安二郎、成瀬巳喜男、清水宏、その他大勢の日本の監督の影響を受けた」と語った。
 
©2022TIFF

「映画は個性的な世界の見方を示すものだ。同時に普遍的で、異なる人たちの感情を一つにする。コロナ禍だけでなく極右の台頭など恐ろしい時代だが、映画が、芸術が希望を与え、わたしたちを前進させてくれる。審査が楽しみだ」
 

「東京物語」が大好きだけど マリークリスティーヌ・ドゥ・ナバセル

元アンスティチュ・フランセ東京館長のマリークリスティーヌ・ドゥ・ナバセルは「『東京物語』(小津安二郎監督)が大好き」。映画の光景を胸に熱海に行ったものの「仲むつまじい老夫婦がいるような景色とは違ってがっかりした」と笑わせた。
 
©2022TIFF

「コロナ禍で映画館が閉鎖されていた一方で、たくさんの映画が作られた。今回はその間に作られた、強く独創的な映画を見ることになる。世界から集まった多様な映画を、大きなスクリーンで一緒に見られるのがうれしい」
 

映画の力を感じたい シム・ウンギョン

韓国の俳優、シム・ウンギョンは「初めて見た日本映画は、中学生の時の『リリイ・シュシュのすべて』(岩井俊二監督)。それまでに見た映画とは違っていて衝撃を受け、感受性を豊かにしてくれた。大切な作品」と熱っぽく。「力は足りないかもしれないが、映画の力を大勢の人と感じたいという思いで、審査委員を引き受けました」
 
©2022TIFF

映像表現との出会いが楽しみ 柳島克己

日本の撮影監督、柳島克己は、北野武監督とのコンビで知られる。「撮影現場の裏方的立場で、審査委員としての参加は光栄で責任を感じる。映画は映像で表現されるもので、多くの中から選ばれた作品と出会うのが楽しみ」
 
©2022TIFF

コロナ禍での映画の役割を問われたテイモアは、「映画の役割は娯楽と癒やし」という。最古のアーティストはシャーマンで、共同体の災厄に際し、内面を旅して物語を聞かせ、闇をはらった。がんで死が近いという女性が、わたしが監督した映画『フリーダ』を見て、痛みを抱えた主人公の鮮やかな姿に、人生の新しい見方をもらったと話してくれた。他者の物語は、希望と他の人との一体感を与えてくれる」
 

リスクを恐れて飛躍はない

映画祭のテーマである「飛躍」については「怖がらないこと」と答えた。「リスクが大きいほど得るものも大きい。そう言ったのはディズニーの上層部だった。わたしがミュージカルの『ライオンキング』を演出したとき、だれも成功すると信じていなかった。同じことの繰り返しでは飛躍はできない」と力説した。
 
今回のコンペ作品について「英語の作品が一つもない。珍しいことで、興味深い」と話した。

【関連記事】
・「ガンニバル」でディズニーに新風吹き込む 山本晃久プロデューサー 東京国際映画祭
・河合優実主演作「少女は卒業しない」初披露に「映画が放たれた」 東京国際映画祭
・井上真央「難しかったシーンは全部って言いたい」 「わたしのお母さん」舞台あいさつ 東京国際映画祭
・東京国際映画祭 二宮和也「『ラーゲリ』開幕にふさわしい」 華やかレッドカーペット
・総力特集!東京国際映画祭2022

関連記事

ライター
勝田友巳

勝田友巳

かつた・ともみ ひとシネマ編集長、毎日新聞学芸部専門記者。1965年生まれ。90年毎日新聞入社。学芸部で映画を担当し、毎日新聞で「シネマの週末」「映画のミカタ」、週刊エコノミストで「アートな時間」などを執筆。

新着記事