東京国際映画祭「少女は卒業しない」のQAに登壇した(左から)中川駿監督、小宮山莉渚、河合優実、小野莉菜、中井友望=山田あゆみ撮影

東京国際映画祭「少女は卒業しない」のQAに登壇した(左から)中川駿監督、小宮山莉渚、河合優実、小野莉菜、中井友望=山田あゆみ撮影

2022.10.27

河合優実主演作「少女は卒業しない」初披露に「映画が放たれた」 東京国際映画祭

第35回東京国際映画祭が始まります。過去2年、コロナ禍での縮小開催でしたが、今年は通常開催に近づきレッドカーペットも復活。日本初上陸の作品を中心とした新作、話題作がてんこ盛り。ひとシネマ取材陣が、見どころとその熱気をお伝えします。

山田あゆみ

山田あゆみ

第35回東京国際映画祭「アジアの未来」部門に出品された「少女は卒業しない」の、舞台あいさつとQ&Aが26日、行われた。中川駿監督のほか、卒業直前の高校3年生4人組を演じた河合優実、小野莉奈、小宮山莉渚、中井友望が登壇した。


©2022TIFF

小宮山莉渚「当たり前の大切さ感じて」

中川監督はこれが長編映画デビュー。「東京国際映画祭は縁遠いと感じていて、『アジアの未来』という言葉にプレッシャーを感じている」と言いつつ、「作品は自信のある物に作り上げることができたので、きっと喜んでいただける」と意気込みをみせた。
 
舞台あいさつで「劇場でみなさんと空気を共有しながら見る体験を、かみしめたい」と語った河合は上映後、「映画が放たれていったんだと、深呼吸しちゃうような気分」とホッとした表情を見せた。
 

©2022TIFF

小宮山は、現在高校2年生。「学生の方はコロナ禍で、卒業式などの学校生活が縮小されているだろうけど、この作品を見て当たり前の学校生活のありがたさ、大切さを感じていただけると思う」と呼びかけた。
 

中川駿監督「環境音を重視した」

客席からは「ノスタルジックな色味や音楽が極力排除されていたことの意図は」との質問が。中川監督は「この作品は卒業を経験した人に、よりシンパシーを感じていただけるんじゃないか。昔を思い出すきっかけになるような映像の質感を追求した」と明かした。
 
音については「学校は特殊な音の空間で、環境音を重視した」という。「音でタイミングが分かる。例えば黒板にチョークでカツカツと書く音がしていたら授業中だし、生徒がガヤガヤしゃべっていれば休み時間。そこに吹奏楽とか部活の音が乗れば放課後」。シチュエーションによって違う環境音を取り込もうとこだわった。
 

©2022TIFF

小野莉奈「オンでもオフでも仲良しに」

俳優陣との初顔合わせの時、中川監督は自分より高校生のリアルを知っているだろうと「セリフは好きにアレンジをしていいし、しゃべりたいことがあったら取り込む」と宣言したそうだ。どの現場でも「とりあえず、この場で仲良くなってほしい」と伝えたという。特に、友人とのやり取りが多かった小野には、共演者とコミュニケーションをとるよう指示したと明かす。
 
小野は「積極的に話したりご飯に行ったり、ラインのグループを作ったりして、プライベートなことを何でも話せる仲になっていた」とし、「現場では、カメラが回っているときとオフの時、雰囲気が変わらなかった」。中川監督も「そういった積み重ねがあったからこそ、リアルで届くものになったんじゃないか」とうなずいた。


©2022TIFF

中井友望「共感の幅広げるつもりで」

内向的なキャラクターを演じた中井は、中川監督によると「4人の中では陰の部分」。「作品の共感の幅を広げられたらな」という思いで演じたという。上映後には「どうでしたか?と、人と話したい気持ち。本当に良い映画だなと感じました」と笑顔を見せた。

【関連記事】
・廣木隆一監督 「目黒蓮は役に没頭、そのたたずまいがいい」と絶賛 「月の満ち欠け」Q&A 東京国際映画祭
・永野芽郁 「スイッチが入った戸田さん、怪物みたいだった」 「母性」舞台あいさつ 東京国際映画祭
・井上真央「難しかったシーンは全部って言いたい」 「わたしのお母さん」舞台あいさつ 東京国際映画祭
・稲垣吾郎「僕にあてて脚本を書いてくれたことがわかり、撮影が楽しみだった」「窓辺にて」ワールド・プレミア
・総力特集!東京国際映画祭2022

少女は卒業しない

卒業式とともに廃校が決まっている地方の高校。答辞を任された山城まなみ、東京への進学を決めたことで彼氏とけんかした後藤由貴、軽音部部長で卒業コンサートの準備に追われる神田杏子、図書館通いをしている引っ込み思案の作田詩織。不安や葛藤を抱えた4人の、卒業までの2日間を描く。
 ©朝井リョウ集英社・2023映画「少女は卒業しない」製作委員会

ライター
山田あゆみ

山田あゆみ

やまだ・あゆみ 1988年長崎県出身。2011年関西大政策創造学部卒業。18年からサンドシアター代表として、東京都中野区を拠点に映画と食をテーマにした映画イベントを開催。「カランコエの花」「フランシス・ハ」などを上映。映画サイトCinemarcheにてコラム「山田あゆみのあしたも映画日和」連載。好きな映画ジャンルはヒューマンドラマやラブロマンス映画。映画を見る楽しみや感動をたくさんの人と共有すべく、SNS等で精力的に情報発信中。