「窓辺にて」©2022「窓辺にて」製作委員会

「窓辺にて」©2022「窓辺にて」製作委員会

2022.10.29

この1本:「窓辺にて」 淡くこじれる今の空気

毎週公開される新作映画、どれを見るべきか? 見ざるべきか? 毎日新聞に執筆する記者、ライターが一刀両断。褒めてばかりではありません。時には愛あるダメ出しも。複数の筆者が、それぞれの視点から鋭く評します。筆者は、勝田友巳(勝)、高橋諭治(諭)、細谷美香(細)、鈴木隆(鈴)、山口久美子(久)、倉田陶子(倉)、渡辺浩(渡)、木村光則(光)。

あの手この手、繊細な手つきで恋愛の諸相を描き分ける今泉力哉監督。今回の主役は、稲垣吾郎演じる「妻の浮気に怒れない」元作家のライター、茂巳。彼を中心とした8人の男女が作る5組のカップルが、ただでさえままならぬ関係をこじらせる。今泉作品らしく登場人物は体温が低め。弱虫の人間たちを受け入れる緩さと優しさが、心地よい。

茂巳は、編集者の妻紗衣(中村ゆり)が人気作家と浮気していることに気付いている。紗衣のことは好きなのに、嫉妬も怒りも湧かないことに戸惑って、自分は冷たい人間かと悩んでいる。取材で知り合った高校生作家の留亜(玉城ティナ)と親しくなって、彼女の恋人優二(倉悠貴)を紹介される。茂巳の友人正嗣(若葉竜也)は妻ゆきの(志田未来)と仲が良いのに、モデルのなつ(穂志もえか)と不倫中だ。

茂巳は誠実で真面目そう、当たりは柔らかいが、本音が分からない。悩みを打ち明けるのはいいが「自分はどうしたいのか」と聞かれて「分からない」「君はどうしたい?」と聞き返す。正直者だが微妙に無神経。悪気はないのに周囲が怒りだし、見ている方も時々イラッとさせられる。稲垣がとぼけた味わいで好演し、映画全体に脱力感を漂わせる。

5組のカップルはそれぞれに別れ話が持ち上がり、自分たちの関係を見つめ直すことになるのだが、だからといってすべてがすっきり決着とはならないのもまた、今泉調。

「好き」という思いだけで突っ走れるのは若いうち。この映画に登場するのは、人生のアカにまみれた大人たち。好きにもいろんな事情が混じっていて、色合いも複雑だ。幸せを求める男女の間に漂うあいまいな空気を、リアルに描き出すのである。2時間23分。東京・TOHOシネマズ日比谷、大阪・TOHOシネマズなんばほかで4日から。(勝)

ここに注目

常々感じていたが、今泉作品には現代性がある。本作でも、茂巳は作家としては満ち足りていて、ガツガツしていない。もともと、感情表現が激しくないからより穏やかに見えて、ある意味マイペース。何かにつけて熱を帯びず、淡々とした言葉とたたずまいが今の時代にフィットしている。そこに、子供っぽさと自己が微妙に確立している留亜を投げ入れて、茂巳にさざ波を起こす演出がたくみだ。茂巳の妻やその不倫相手の作家、留亜の恋人などの人物配置やキャラクターも無理なく格別。洞察力の深さとほどよいユーモアも堪能した。(鈴)

技あり

好調な四宮秀俊撮影監督、画面の手前と奥で芝居を組み立てる場面が目につく。戦後に吉村公三郎監督らが、画面の奥行きを生かそうと提唱した「縦の構図」を思い出した。留亜の伯父カワナベの山荘。ベランダに、茂巳とカワナベが並んで座り、奥に留亜。縦の人物配置で、手前は自然光、奥の留亜は白熱灯と、光質の違いで見え方も変わる。別の日の夜、茂巳の家。手前で茂巳がボタン付け、紗衣は奥の机で仕事中。途中から別れ話になり、紗衣が手前に来て「茂巳さんは私を好きな時あったの」と詰問する。10分以上の長回しに脱帽する。(渡)

【関連記事】
・稲垣吾郎「僕にあてて脚本を書いてくれたことがわかり、撮影が楽しみだった」「窓辺にて」ワールド・プレミア
・特選掘り出し!:「NOVEMBER/ノベンバー」 美しく残酷なメルヘン
・さすらいのボンボンキャンディ
・アムステルダム
・シネマの週末

窓辺にて

フリーライターの市川茂巳(稲垣吾郎)は、編集者である妻・紗衣(中村ゆり)が担当している売れっ子小説家と浮気しているのを知っている。しかし、それを妻には言えずにいた。また、浮気を知った時に自分の中に芽生えたある感情についても悩んでいた。ある日、とある文学賞の授賞式で出会った高校生作家・久保留亜(玉城ティナ)の受賞作「ラ・フランス」の内容に惹かれた市川は、久保にその小説にはモデルがいるのかと尋ねる。いるのであれば会わせてほしい、と…。

新着記事