コンペティション作「カイマック」のミルチョ・マンチェフスキ監督=勝田友巳撮影

コンペティション作「カイマック」のミルチョ・マンチェフスキ監督=勝田友巳撮影

2022.10.29

「大人のラブストーリーでタブーを探究した」 ミルチョ・マンチェフスキ監督:東京国際映画祭

第35回東京国際映画祭が始まります。過去2年、コロナ禍での縮小開催でしたが、今年は通常開催に近づきレッドカーペットも復活。日本初上陸の作品を中心とした新作、話題作がてんこ盛り。ひとシネマ取材陣が、見どころとその熱気をお伝えします。

勝田友巳

勝田友巳

東京国際映画祭コンペティション部門に出品されている「カイマック」。エロチックで風刺がきいて、時に大笑い。欲望にかられた男女の群像劇だ。わたしがこれまで見たコンペ10作の中で、抜群に面白い。デビュー作「ビフォア・ザ・レイン」でベネチア国際映画祭金獅子賞を受賞した、北マケドニアのミルチョ・マンチェフスキ監督の最新作で、東京が世界初披露だ。「東京は披露するのにぴったりだと思った」というマンチェフスキ監督に聞いた。
 

「カイマック」より
(C)Banana Fillm,Meta Film, N279 Entertainment, Jaako dobra produkcija, all rights reserved, 2022 (C)Maja_Argakijeva


人生の最良の部分を求めるわがままな大人たち

「カイマック」は、北マケドニアやトルコなどバルカン半島で一般的な乳製品。「同時に、比喩的に最良の部分という意味合いでも使われます。人生の最良を求めようと奮闘する人たちを描こうと思いました」とマンチェフスキ監督。
 
といってもこの映画の登場人物は、世界の平和や理想のためではなく、みんな自分のことだけ考える。「そう、全員が犠牲者であり裏切り者なのです。物語が進むうちに、変貌していく人たちを描いています」
 
登場するのは2組の夫婦。裕福なエバとメトディは、妊娠したくないが子どもは欲しい。脳に障害のあるドスタにメトディとの子どもを産ませて、自分たちの子どもとして育てようとする。一方、カランバとダンチェは、中産階級。ダンチェがカランバの浮気現場を目撃して怒り狂うものの、なぜか相手のビオレッカと意気投合。3人は一緒に暮らし始める。
 

人間を探究 影に目を凝らし

発想の起点は「大人のラブストーリー」だったという。「ハリウッド風ボーイ・ミーツ・ガールの甘い映画にはうんざりしていたし、こういう映画は少ないからね」。そしてタブー。「家族や性、性的嗜好(しこう)といったことを探究しようと思った。閉ざされた扉の向こう側をのぞき、偽善のマスクをはぎ取ってみた」
 
奇抜な設定の物語は、意外な方向に転がっていく。ドスタは出産したら用済みのはずだったが、子育てはメトディの手に負えず、呼び戻して住み込みで世話をさせる。次第にドスタの態度が大きくなり、均衡が崩れていく。ダンチェとビオレッカは2人だけで愛し合うようになり、カランバは邪魔者扱いされる。
 
「脚本を書いているうちに、自然とこうなりました」と言う。「はじめにテーマを設定するのではなく、なんとなくこんな感じの物語かなというアイデアがあって、それが発展していく。物語の赴くままに従うのです。書いているときはゲームのように楽しい」
 
女性の社会的立場や代理出産、性的モラルなど、現代社会の問題が取り込まれたブラックコメディーとなった。しかしそれも「意識したわけではなかったんです」。「中心にあるのは、理想主義ではなく、人間への関心です。理想は人のために掲げるはずなのに、結局人を傷つけることになる。宗教でも政治でも。追求するのは人間性、特に影や弱い部分。その方がより面白い」
 

ハッピーエンドは退屈

「社会や政治は自然と入り込んでくるものです。イヤでも目に入りますから。意識するとプロパガンダになるし、芸術性を損ないかねません。そして展開にヒネリを加え、物語の構造や語りのスタイルを探究していく」。皮肉な結末は「ハッピーエンドなんか、退屈でしょ」とニヤリ。
 
世界的に知られるが、寡作。「じっくり取り組むし、パーソナルな映画の資金集めは大変だからね」。新鋭が目立つ東京国際映画祭のコンペの中では、ひときわ存在感を放つ。3大映画祭でも歓迎されそうなのに、なぜ東京に。
 
「ワールド・プレミアに東京を選んだのは、ここがぴったりの舞台だと思ったから。これまで2回、東京国際映画祭に来て、すばらしい経験をさせてもらったしね」。すでに新作を準備中とか。「年を取ってきたから、もっとたくさん作ろうと思って。今度は銅像を盗んでくず鉄屋に売り払う姉弟の物語」。完成したらぜひまた東京へ。「そうできたら、光栄だね」
 
「カイマック」の日本での配給は未定。映画祭期間中、11月1日にも上映される。お見逃しなく。
 
【関連記事】
・気鋭アニメ3監督 世界の創り方「爆発力」「全てコントロール」「固定観念捨てる」 東京国際映画祭シンポジウム
・ツァイ・ミンリャン監督 日本で誕生日「長年のファンに感謝」 東京国際映画祭
・イスラエルとパレスチナの対立と日本の武道がつながった 「アルトマン・メソッド」ゲスト来日 東京国際映画祭
・稲垣吾郎「僕にあてて脚本を書いてくれたことがわかり、撮影が楽しみだった」「窓辺にて」ワールド・プレミア
・総力特集!東京国際映画祭2022

カイマック

「ビフォア・ザ・レイン」(1994年)でベネチア国際映画祭金獅子賞を受賞したミルチョ・マンチェフスキ監督の作品。北マケドニアの首都スコピエの集合住宅を舞台とする群像コメディー。題名はトルコやバルカン半島で一般的な乳製品の名前。

ライター
勝田友巳

勝田友巳

かつた・ともみ ひとシネマ編集長、毎日新聞学芸部専門記者。1965年生まれ。90年毎日新聞入社。学芸部で映画を担当し、毎日新聞で「シネマの週末」「映画のミカタ」、週刊エコノミストで「アートな時間」などを執筆。

新着記事