© あfろ・芳文社/野外活動委員会

© あfろ・芳文社/野外活動委員会

2023.6.12

「ゆるキャン△」おうちキャンプごはんで自律神経を整える|管理栄養士の映画飯トレ

3度の飯より映画が好きという人も、飯がうまければさらに映画が好きになる。 撮影現場、スクリーンの中、映画館のコンフェクショナリーなどなど、映画と食のベストマリッジを追求したコラムです。

石松佑梨

石松佑梨

あfろさん原作の漫画「ゆるキャン△」は、山梨県近辺を舞台に、ゆるく身の丈に合ったキャンプを楽しむ女子高生たちの日常を描いた作品です。ソロキャンプをはじめ、それぞれが自分らしいスタイルで楽しむゆるいキャンプの発信は、キャンプ初心者のハードルを下げ、近年のキャンプブーム火付け役となりました。原作は600万部を突破し、2018年のアニメ化、続く2022年の映画化で、さらに人気を伸ばしています。
 
作品中に出てくるキャンプ場は四季を感じられる景色がとても美しく、見ているだけで癒やされます。肌に当たる空気の冷たさや、使い捨てカイロの熱感、寝袋に入ったときの足先の感覚といったようなささいな描写は冬キャンプを疑似体験させてくれるものです。そしてなんといっても、キャンプごはんがおいしそう。熱湯を注ぐだけのカップラーメンでさえ、外で食べるとごちそうになりますよね。実際にキャンプをする、しないに関わらず、誰もがキャンプを好きになってしまう作品です。また作品中では、部屋の中でキャンプ気分を楽しむことを「へやキャン」と呼んでいます。ここでは部屋で楽しめる「へやキャン飯」をご紹介します。


自律神経を整える「へやキャン(部屋キャンプ)」

改めまして、管理栄養士の石松佑梨です。私はこれまでトップアスリートたちの専属管理栄養士として従事してきました。選手たちはパフォーマンスを高めるために、試合の日に向けて自律神経のバランスを整えます。自律神経はストレスや試合時で高くなる交感神経と、リラックスや休息時に優位になる副交感神経からなり、お互いに拮抗(きっこう:二つの要因が互いの効果を打ち消し合うように働くこと)して作用することで、私たちの生命活動を支えているものです。ストレスの多い現代社会では交感神経が高くなる場面が多く、意識的に副交感神経を高めることが重要視されます。
 
じつは自律神経を整える手段として自然浴が有効だと考えられています。自然の中で過ごすことは、ストレス過多な現代人の交感神経を抑え、リラックス効果を高めてくれる副交感神経の働きを上昇させるという研究結果が得られているのです。日常的なキャンプが現実的でない場合は、近所の公園に行くだけでも、また部屋に観葉植物を置いたり、パソコン画面を自然風景の写真にしたり、森林の香りがするアロマオイルを焚(た)いたり、川のせせらぎ音を聞くだけでも副交感神経が整います。つまり「へやキャン」でも自律神経が整えられるということです。
 
自律神経を整える「へやキャン飯」として真っ先に思いつくのが季節の植物、つまり旬の野菜です。最近では食べ物が年中なんでも手に入るようになったため、季節がわかりづらくなっています。そのような中でも、山菜のほろ苦さは春の訪れを感じさせてくれますし、ツヤツヤの新米を食べれば実りの秋であることに気づくことができます。このようにして旬の野菜は、実際の季節とずれがちな体内時計をリセットし、自律神経を整えてくれるものです。

また旬の野菜は、人間がその時に必要としている栄養素を持ち合わせていることが多くあります。たとえば、春野菜の苦みは冬の時期にため込んだ老廃物をデトックスしてくれるものです。また、みずみずしいきゅうりやトマトなどの夏野菜は、水分補給とともに体内の熱をクールダウンしてくれます。秋冬も同じように季節の植物がコンディションを整えてくれるのです。

 旬の新玉ねぎで作る「へやキャン飯」


写真:IshibashiRumi 、食器提供:チャムス(株式会社ランドウェル)、料理:石松佑梨

旬の新玉ねぎを使ったオニオングラタンスープです。玉ねぎには体を温めて巡りをよくする働きがあります。よりキャンプ気分を出したい方はキャンプ用の調理器具やカトラリーを使ってみましょう。公園やベランダで食べてみるのもいいですね。
 
【材料(2人分)】
玉ねぎ(薄切り)2個、オリーブオイル大さじ1、固形コンソメ1個、水2カップ、シュレッドチーズ大さじ2、フランスパン2切れ、カレーバター【バター10g、カレー粉小さじ1/4】
 
【作り方】
① 鍋にオリーブオイルを熱し、玉ねぎがあめ色になるまでじっくり炒める。
② 水とコンソメを加え、5分ほど煮る。
③ フランスパンにカレーバターを塗って、トースターでこんがりと焼く。
④ ②と③を耐熱皿(※写真のシェラカップはオーブン不可)に入れて、シュレッドチーズをのせ、200℃のオーブンで20分焼く。
 
へやキャンではなく、実際のアウトドアの場面にはオーブンがないので、仕上げはバーナーでチーズを溶かしましょう。キャンプの朝に食べるあつあつトロトロのオニオングラタンスープは絶品です。
 
ぜひ平日は「へやキャン飯」で、週末は大自然の中のキャンプ飯でトトノイましょう。
 
Amazon Prime Videoで配信中

関連記事

ライター
石松佑梨

石松佑梨

いしまつゆり トトノイニスト (管理栄養士・国際中医薬膳管理師)。サッカー日本代表選手をはじめ、世界で活躍するトップアスリートたちの専属管理栄養士として従事。のべ2万人以上に提供してきた「頑張らない食トレ」を武器に、近年は企業の健康経営や地域創生も展開する。幼い頃から、おいしいへの執着心が人一倍強く、おいしく健康に食べるための「ずるい栄養学」で、誰もがおいしく食べて健康になれる社会を目指している。著書に「過去最高のコンディションが続く 最強のパーソナルカレー」(かんき出版)がある。2023年4月よりイラストも担当。

新着記事