「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」© 2023 Nintendo and Universal Studios

「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」© 2023 Nintendo and Universal Studios

2023.12.27

アニメ映画に泣いて笑って きどみ

2023年も、たくさんの映画や配信作品が公開されました。とても見切れなかった!とうれしい悲鳴も聞こえてきそうです。「ひとシネマ」執筆陣が今年の10本と、来る24年の期待作3本を選びました。年末年始の鑑賞ガイドとしてもご利用ください。

きどみ

きどみ

ゆく年編

 
「SHE SAID/シー・セッド その名を暴け」
「エンドロールのつづき」
「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」
「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」
「TAR/ター」
「ミッション:インポッシブル デッドレコニング PART ONE」
「バービー」
「アリスとテレスのまぼろし工場」
「駒田蒸留所へようこそ」
「窓ぎわのトットちゃん」
※鑑賞順
 

思い出ゲームのワクワク感

2023年はアニメ映画を見て笑ったり泣いたり。国内外ともに大ヒットを記録した「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」は、幼い頃大好きだったマリオの世界をそのまま再現しており、当時のワクワクした気持ちを思い出せたのでお気に入りの作品。

緻密な作画や声優たちの気迫、岡田麿里が紡いだストーリーに衝撃を受けた「アリスとテレスのまぼろし工場」、ジャパニーズウイスキーの魅力やキャラクターたちの繊細な心情が丁寧に描かれていた「駒田蒸留所へようこそ」といった、原作のないオリジナル作品も大健闘していた。「窓ぎわのトットちゃん」は今この時代だからこそ子どもから大人まで見てほしい傑作。

くる年編

 
「ロボット・ドリームズ」 秋公開
「きみの色」 夏公開
「ふれる。」 秋公開
 


やっぱりアニメ!

東京国際映画祭で見て号泣した「ロボット・ドリームズ」、「聲の形」などを手がけた山田尚子監督の新作「きみの色」、超平和バスターズによる新作「ふれる。」。2024年もアニメ映画が盛り上がりそうである。

【ひとシネマ的 ゆく年くる年 総まくり2023年】
人生の苦難、心の闇……〝痛み〟引きずった作品たち SYO
面白い作品を満喫 悔いなき1年 高橋佑弥
日本映画に感じた「物作り」の力 洪相鉉
やっと戻った日常 心の琴線に触れた10本 後藤恵子
印象残った 今日的なテーマの良作 井上知大
良作ぞろいの欧州アートハウス系 高橋諭治
「対話」がもたらすつながりと気づき 山田あゆみ

関連記事

ライター
きどみ

きどみ

きどみ 1998年、横浜生まれ。文学部英文学科を卒業後、アニメーション制作会社で制作進行職として働く。現在は女性向けのライフスタイル系Webメディアで編集者として働きつつ、個人でライターとしても活動。映画やアニメのコラムを中心に執筆している。「わくわくする」文章を目指し、日々奮闘中。好きな映画作品は「ニュー・シネマ・パラダイス」。
 

新着記事