第78回毎日映コン表彰式で、脚本と兼日本映画大賞を受賞しあいさつする阪本順治監督=前田梨里子撮影

第78回毎日映コン表彰式で、脚本と兼日本映画大賞を受賞しあいさつする阪本順治監督=前田梨里子撮影

2024.2.14

「こんなこともあるんだ」阪本順治 「祈り込めた」塚本晋也 第78回毎日映コン表彰式

毎日映画コンクールは、1年間の優れた作品と活躍した映画人を広く顕彰する映画賞です。終戦間もなく始まり、映画界を応援し続けています。

ひとしねま

ひとシネマ編集部

第78回毎日映画コンクール表彰式は14日、東京都目黒区のめぐろパーシモンホールで行われた。2023年を代表する日本映画大賞、これに次ぐ日本映画優秀賞の表彰ではスタッフも登壇し、祝福した。

毎日デジタル動画ニュース 23年の日本映画代表する顔ぶれ、一堂に 毎日映画コンクール表彰式

日本映画優秀賞の「ほかげ」は、塚本晋也監督が戦争の残した傷痕をヤミ市を舞台に描いた。スタッフと共に登壇した塚本監督は「非常に少ない要素で戦後の雰囲気を伝えられるかという勝負ができたのは、スタッフのおかげ」。ウクライナやガザ地区での戦闘に「底が抜けてしまった世界で、子供の未来が怖くない世の中になるようにと祈りを込めた」と訴えた。

日本映画大賞は「せかいのおきく」。阪本監督はプロデューサーで美術監督の原田満生、録音賞の志満と舞台に上がった。「4年前にパイロット版のつもりで15分の短編を作り、やっと長編になったが撮影は12日。クランクアップでも配給が決まっていなかった。受賞してこんなこともあるんだなという気持ちでいっぱい」

【第78回毎日映コン表彰式 関連記事】
八木勇征「萩原利久の気持ちも背負っています。幸せです」 
ほやマンスーツ・アフロvsヒョウ柄ドレス・サリngROCK
「憧れのゴジラ 関われてうれしい」
「責任感が情熱に」鈴木亮平 「また一緒に」宮沢氷魚
杉咲花「かけがえのない出会い」 広瀬すず「アイナを支えた」

関連記事

ライター
ひとしねま

ひとシネマ編集部

ひとシネマ編集部

カメラマン
ひとしねま

前田梨里子

毎日新聞写真部カメラマン

カメラマン
ひとしねま

猪飼健史

いかい・けんじ 毎日新聞写真部カメラマン

この記事の写真を見る

  • 第78回毎日映コンの受賞者たち
  • 毎日映コン表彰式で記念撮影に応じる(左から)スポニチグランプリ新人賞のアフロ、女優助演賞の広瀬すず、女優主演賞の杉咲花、日本映画大賞の坂本順治監督、日本映画優秀賞の塚本晋也監督、監督賞の石井裕也監督、男優主演賞の鈴木亮平、男優助演賞の宮沢氷魚、同新人賞のサリngROCK
  • 第78回毎日映コン表彰式で、壇上に立つ塚本晋也監督(左端)と「ほかげ」のスタッフ
  • 第78回毎日映コンで二歩婦負が優秀賞を受賞した「ほかげ」の塚本晋也監督
  • 第78回毎日映コン・日本映画大賞を受賞し、トロフィーを受け取る阪本順治監督(右から3人目)とスタッフ
さらに写真を見る(合計5枚)

新着記事