男優助演賞 宮沢氷魚「エゴイスト」 毎日映コン・選考経過と講評

男優助演賞 宮沢氷魚「エゴイスト」 毎日映コン・選考経過と講評

2024.1.30

「龍太」と恋に落ちた 男優助演賞 宮沢氷魚「エゴイスト」 毎日映コン・選考経過と講評

毎日映画コンクールは、1年間の優れた作品と活躍した映画人を広く顕彰する映画賞です。終戦間もなく始まり、映画界を応援し続けています。

ひとしねま

ひとシネマ編集部

第78回毎日映画コンクールは、各部門で2段階選考を行った。「作品」「俳優」「スタッフ」の各部門は、映画評論家ら約70人の選考委員による投票で1次選考を行い、「アニメーション」「ドキュメンタリー」の両部門は、推薦・公募で集まった作品から1次選考委員による討議で、それぞれ候補作を決定した。2次選考は各部門の選考委員が討議し、受賞作・受賞者を決めた。外国映画ベストワン賞は、選考委員による2回の投票で決定した。田中絹代賞は、特別賞とともに諮問委員会で選ばれた。各賞の2次選考の経過と、選考委員による講評を紹介する。

【俳優部門・男優助演賞】
他に候補は、磯村勇斗(月)、宇崎竜童(BAD LANDS バッド・ランズ)、加瀬亮(首)、永山瑛太(福田村事件)。

「数多く出演し、総合力で」と磯村、「主演を際立たせた」と加瀬、「キャラクターが立っていた」と宇崎も。一方で磯村に「『月』がベストではない」、加瀬は「キャラがはまったことが大きい」、宇崎も「特別優れた演技か」との意見も。突出した候補がない中、宮沢は「映画を成立させている」と票を集めた。投票で宮沢4、宇崎、加瀬、永山各1。

型にはまらぬ存在感と目を引きつける透明感


「エゴイスト」Ⓒ2023 高山真· 小学館/「エゴイスト」製作委員会

【講評】自らの属性とは異なる人物を演じながらも、型にはまらぬ存在感。加えて、見る者をひきつける透明感が魅力のアクターだ。「エゴイスト」の初登場シーンで、ほんのりピンクに耳を染めた龍太(宮沢)に恋をしたのは、主人公だけではないだろう。受賞作や「his」(2020年)などでのやわらかい役が印象的だが、23年は、主演を務めた「はざまに生きる、春」の発達障害を持つ画家や、ゲスト出演したドラマ「ラストマン 全盲の捜査官」(TBS系)での引きこもりをこじらせた青年、アンバランスな役も素晴らしかった。3月に公開の「52ヘルツのクジラたち」では、主人公を惑わす嫌な大人役に挑戦。自己のゆらめきを織り交ぜて、作品に深みを与えている。(石村加奈)

【受賞インタビュー】
男優助演賞 宮沢氷魚が何十回も撮り直した「エゴイスト」を通じて気づいたこと

【選考経過・講評】
作品部門 日本映画大賞「せかいのおきく」 選考委員全員が推した
 
■俳優部門/田中絹代賞
女優主演賞 杉咲花 魔術に近い俳優の仕事
男優主演賞 鈴木亮平 演技の深淵に近づく一歩
女優助演賞 広瀬すず 難役を伸び伸び演技派へ
 
田中絹代賞 薬師丸ひろ子 時代駆け抜け永遠不滅
 
スポニチグランプリ新人賞 サリngROCK 映像でもっと見たい
スポニチグランプリ新人賞 アフロ 役を生む表現者の本領発揮
 
■スタッフ部門 監督賞 石井裕也「月」覚悟感じる
 
■アニメーション部門/ドキュメンタリー部門/特別賞
大藤信郎賞 「君たちはどう生きるか」心揺さぶる過激なアート

【俳優部門・2次選考委員】
石村加奈(ライター)、金澤誠(映画ライター)、小林聖太郎(映画監督)、関口裕子(映画評論家、編集者)、洪相鉉(映画評論家)、三沢和子(プロデューサー)、佐藤雅昭(スポーツニッポン新聞社文化社会部特別編集委員)
 
【1次選考委員(順不同)】
樋口尚文、寺脇研、出口丈人、木全純治、平山允、襟川クロ、佐藤雅昭、鈴木元、金原由佳、大高宏雄、関口裕子、小林聖太郎、北小路隆志、渡部実、津島令子、石坂健治、宮澤誠一、野島孝一、北條誠人、轟夕起夫、ミルクマン斉藤、坂野ゆか、矢田部吉彦、細谷美香、荒木啓子、恩田泰子、三留まゆみ、古賀重樹、小菅昭彦、小西均、佐伯知紀、立花珠樹、賀来タクト、塩田時敏、石村加奈、尾形敏朗、吉田伊知郎、中山治美、高橋諭治、立田敦子、三浦理高、小野民樹、森直人、竹内公一、柏原寛司、富山省吾、磯貝正人、岡本耕治、小林淳、秋本鉄次、小野耕世、川口敦子、福永聖二、村山匡一郎、鬼塚大輔、金澤誠、国弘よう子、きさらぎ尚、北川れい子、掛尾良夫、萩尾瞳、内海陽子、安藤紘平、田中文人、稲垣都々世、相田冬二、谷川建司

関連記事

ライター
ひとしねま

ひとシネマ編集部

ひとシネマ編集部