インタビューに答える降旗康男監督=東京都千代田区で2017年3月22日、中村藍撮影

インタビューに答える降旗康男監督=東京都千代田区で2017年3月22日、中村藍撮影

2022.4.16

「映画と歩んで:監督・降旗康男」中 高倉健とともに新境地

2021年生誕90周年を迎えた高倉健。
昭和・平成にわたり205本の映画に出演しました。
毎日新聞社では3回忌の2016年から約2年全国10か所で追悼特別展「高倉健」を開催しました。
その縁からひとシネマでは高倉健を次世代に語り継ぐ企画を随時掲載します。
Ken Takakura for the future generations.
神格化された高倉健より、健さんと慕われたあの姿を次世代に伝えられればと想っています。

木村光則

木村光則

高倉健の作品の多くをともにした映画監督・降旗康男。
惜しまれながら2019年5月20日に逝去されました。
彼の遺作「追憶」の公開前に思いを語った「映画と歩んで:監督・降旗康男」その上・中を再掲載します。
今回はその中。
17年4月11日掲載。
*()の年齢は掲載当時のもの

70年代に東映の任俠路線にも陰りが

1960年代、任俠(にんきょう)路線で邦画界を席巻した東映。65年の邦画の配給収入順位を見ると、「網走番外地 北海篇」、「関東果し状」「日本俠客伝 関東篇」など東映の作品が2~6位を独占している。
降旗も67年に安藤昇を主演に据えた「ギャングの帝王」で本格的なやくざ映画を撮り、69~72年にかけては、高倉健主演の「新網走番外地」シリーズを何本か手掛け、そのほとんどが邦画の配収トップ10を記録するヒットとなった。
だが、70年代に入ると東映の任俠路線にも陰りが出始める。72年の「新網走番外地 嵐呼ぶダンプ仁義」の撮影時に事件は起きた。「ある日、東映の東京撮影所で労使がぶつかって、(警視庁)石神井警察署が東映の組合幹部の逮捕状を取ったという報告が(プロデューサーの)俊藤(浩滋)さんの家にいる時に入った。逮捕なんかされたら、健さんも映画に出ないだろう。『なら、逮捕状の出た組合員たちを引き連れて明日にも北海道にロケに行きましょう』と俊藤さんに呼び掛けた」と振り返る。
俊藤は「そんなことをしたらお前は東映にいられなくなるぞ」と言ったが、当時、京都に戻ろうとしていた俊藤に、降旗は「俊藤さんも京都に帰るんだから、私も同じですよ」と返した。かくして、翌日、組合員を北海道に連れて行き、撮影開始。「健さんも『義を見てせざるは勇無きなり』ということで、『台本はマンネリでつまらないけど出るよ』と言ってくれた」と振り返る。同作は皮肉にも72年の邦画配収3位の大ヒットとなったが、東映の上層部との関係は悪化。73年に深作欣二監督の「仁義なき戦い」がヒットし、東映が実録路線に切り替えると、降旗に居場所はなくなり、東映との契約を断った。

「網走の花嫁」(笑い)

フリーとなった降旗は数年間、映画を撮らなかった。代わりに手掛けたのが、TBS系列で大ヒットした山口百恵主演のテレビドラマ「赤い疑惑」など一連の“赤い”シリーズ。それなりに充実を感じていた降旗だったが、78年、俊藤から声が掛かった。
「倉本聰の脚本と、高倉健主演で映画を撮らないか」。高倉は76年に東映を退社し、「八甲田山」(東宝)、「幸福の黄色いハンカチ」(松竹)などで新路線に乗っていた。「健さんの東映へのお里帰りの映画だというんで、タイトルは『網走の花嫁』(笑い)」
降旗は倉本や東映と話し合い、脚本の手直しとキャストの刷新に成功する。こうして生まれたのが「冬の華」だった。横浜を舞台に、現代やくざが抗争を繰り広げる。一方で、高倉演じるやくざは“あしながおじさん”のようにある少女をひそかに支援する。クロード・チアリのギターの旋律と映像美が融和し、従来の降旗作品とは一線を画した。「キャストを一新して東映としては変わった映画になった。僕にとってもメルクマールとなる映画になった」
同作に出演した田中邦衛や小林稔侍らはその後、降旗―高倉コンビで撮った映画「駅 STATION」や「居酒屋兆治」「夜叉」といった作品の常連となった。東宝系で製作されたこれらの作品で、高倉は地方都市の片隅に生きる男を演じた。「街の吹きだまりにいるおじさんと、その男がかつて咲き誇った青春とは何か。それが健さんの当時の肉体状態なら成り立つと思って撮ったのが『夜叉』などだった」
この時期の作品に共通するのは、苦い過去を背負いながらまっすぐ生きようとする人間の姿。「男でも女でも年取った時に何が残るか。青春の日々に対する切ない思いではないか、というのが『冬の華』以降の私のテーマになった」と語る。

カメラマン木村大作

その後も高倉を主演に据え、「あ・うん」「鉄道員(ぽっぽや)」「ホタル」などを製作したが、撮影を担ったのがカメラマン木村大作である。自然の雄大さ、わびしさ、美しさを切り取り、フレームに人物たちの群像を収め、クローズアップで内面を映す。卓越した技術が降旗作品を支えた。
撮影現場で2人は時折、ぼそぼそと話し合うだけ。まさに“あ・うん”の呼吸で撮影は進む。「大ちゃんとは以心伝心だから」。共通するのは「決められたバジェット(予算)と日数で映画を撮るという感性じゃないか」とニヤリと笑う。映画人としてのプロ意識が通底しているのだ。
その2人が9年ぶりにタッグを組んだ新作「追憶」(毎日新聞社など製作委員会)が5月6日から東宝系で全国公開される。主演の岡田准一や小栗旬、柄本佑、安藤サクラら多くの出演者が30代。2014年に亡くなった高倉に代わり、今後の映画界を担うであろう俳優たちとの仕事に「若い皆さんの持っているものを出してもらった。それぞれの個性をめいっぱい発揮してもらった」と充実感を表した。

追憶

降旗康男監督の遺作。
富山の漁港で殺人事件が起きる。刑事の四方篤(岡田准一)は容疑者の田所啓太(小栗旬)、被害者の川端悟(柄本佑)が25年ぶりに再会。四方は過去のある秘密に向き合うことになる。

網走番外地 北海篇

シリーズ4作目。網走刑務所を出所した橘(高倉健)は釧路の志村運送店に勤めるが、運送店とは名ばかりで、オンボロトラック1台あるだけ。ある日、オホーツクの港町に荷物を運ぶ仕事が入った。橘は依頼主の安川(安部徹)と金田(藤木孝)、運送店の娘・弓子(大原麗子)を同乗させて出発する。途中、脱獄因の浦上、足を骨折した幼女・エミとその姉・雪江も病院まで運ぶことになった。波乱を含んでトラックは北海道の雪道を進む。(追悼特別展「高倉健」図録より)

関東果し状

鶴田浩二主演「博徒シリーズ」の4作目。京浜工業地帯の企業誘致にからむ組織暴力団と博徒の対立を描く。機関銃やダイナマイトが飛び交うアクション映画。

製作年 : 1965

日本俠客伝 関東篇

シリーズ第3作。築地の魚市場の老舗``江戸一``働くことになった緒方勇(高倉健)は父亡きあと男勝りの娘の栄(南田洋子)が取り仕切っていた。東京魚市場協同組合理事長の郷田(天津敏)はやくざ石津組をつかって、事あるごとに``江戸一``の仕事を妨害していた。カナダの船が大量のマグロを売りたがっているのを聞いた栄は乗り気になったが。これも郷田の差し金で中止。度重なる妨害に勇の怒りの刃が抜かれる。(追悼特別展「高倉健」図録より)

ギャングの帝王

ヤクザから俳優に転身した安藤昇の東映出演4作目。関東軍陸軍大尉新田健次(安藤昇)率いる復員兵の「桜同志会」と外国人の集団「上海商会」とのいさかいの裏に陰謀が潜んでいた。

新網走番外地 嵐呼ぶダンプ仁義

シリーズ第8作で最終話。勝治(高倉健)と五郎(田中邦衛)は網走刑務所を出所して仲間の北野の妻・冴子(生田悦子)のいる北野土木を訪ねた。冴子に一目ぼれした勝治はそこで働く。北野土木の仕事を妨害する大沼土木の熊吉(山本麟一)は、冴子に横恋慕している大沼(金子信雄)を動かして冴子を営業停止に追い込む。五郎と三太郎(南利明)が大沼に囚われダンプ仲間のゆう子(工藤明子)が救いに行くが殺される。ついに勝治が立ち上がった。(追悼特別展「高倉健」図録より)

仁義なき戦い

深作欣二監督、菅原文太主演で一世を風靡したシリーズの第1弾。義理人情の任侠路線から、殺伐とした暴力シーン、実在のヤクザの抗争を実録路線としてリアルに描いた。戦後山守組組員・広能昌三(菅原文太)の目を通した広島呉抗争を描く。

八甲田山

明治時代、八甲田山での死の行軍の全貌を描いたパニック大作。日露戦争を目前にした明治35年1月、青森第五連隊と弘前第三十一連隊は`白い地獄`と恐れられていた八甲田山に挑んだ。弘前は徳島大尉(高倉健)が率いる27人。青森は神田大尉(北大路欣也)率いる210人。徳島大尉は少数精鋭で案内人(秋吉久美子)に導かれ、自然と折り合いながらの行軍で全員帰還。しかし山田少佐(三國連太郎)が指揮を奪った神田隊は案内人も拒否して、自然を力でねじ伏せようと大寒波の中で遭難。生存者はわずかに12人だった。(追悼特別展「高倉健」図録より)

幸福の黄色いハンカチ

山田洋次監督と初のコンビ作で、数々の映画賞を受賞した名作。北海道の雄大な自然を背景に妻との``約束``を願う男のロマンを描く。失恋した工員・欽也(武田鉄也)は中古車を買って北海道に旅行に来る。途中、網走で一人旅の娘(桃井かおり)を車に乗せた。2人は海岸で中年の島勇作(高倉健)と知り合い、一緒に旅をすることにした。勇作は網走刑務所を今日出所した男だった。そして妻(倍賞千恵子)が勇作の帰りを待っていてくれるなら、自宅の前に黄色いハンカチを下げておいてくれる、という。そして、夕張に着いた……。(追悼特別展「高倉健」図録より)
「幸福の黄色いハンカチ デジタルリマスター2010」好評発売中 DVD価格:3,080円(税込)発売・販売元:松竹
 ©1977,2010 松竹株式会社

冬の華

倉本聰脚本による日本版``足ながおじさん``ともいえる新感覚の任侠映画。義理で兄貴分(池部良)を殺した加納(高倉健)は、兄貴が残した幼い娘に``ブラジルにいるおじさん``と名乗って養育費を送り続けていた。そして加納は出所した。娘(池上季実子)は美しい女子高校生に成長していたが、名乗ることはできない。また親分はシャガールに夢中になっており、昔気質の加納は違和感を覚える。変わらないのは兄弟分たち(夏八木勲、田中邦衛、小林稔侍など)。やがて、加納は再びやくざの世界に戻らざるを得なくなる。(追悼特別展「高倉健」図録より)

駅 STATION

倉本聰によるオリジナル脚本の映画化。オリンピックの射撃選手でもあった刑事・三上(高倉健)と3人の女との運命的な出会いと別離が描かれている。第1部は「直子」。北海道の銭函駅で妻・直子(いしだあゆみ)と三上は別れる。妻の浮気が潔癖な三上にとっては許せなかったのだ。第2部「すず子」。三上は連続殺人事件の犯人・吉松(根津甚八)を追って増毛駅に来た。吉松は駅前食堂で働くすず子(烏丸せつこ)の兄で、近親相姦的愛情で結ばれているようだった。警察はすず子の恋人(宇崎竜童)の手引きで吉松を逮捕する。第3部「桐子」。三上は年末の30日、増毛に降り立った。三上は赤ちょうちんの飲み屋に入り、おかみの桐子(倍賞千恵子)と情を交わすようになる。だが、桐子の情夫は三上が追っている殺人犯(室田日出男)だった。(追悼特別展「高倉健」図録より)

居酒屋兆治

函館の居酒屋を舞台に、そこに出入りする人間群像を主人の目を通して描く。函館で小さな居酒屋を妻(加藤登紀子)とともに構えている兆治こと藤野英冶(高倉健)。後輩の岩下(田中邦衛)、酒乱気味のタクシー会社社長・河原(伊丹十三)たちで店は賑わっている。英冶にはかつての恋人さよ(大原麗子)との苦い過去があった。さよの縁談に無職だった英冶は反対できなかったのだ。しかし、さよは英冶を想い続けていた。(追悼特別展「高倉健」図録より)

夜叉

足を洗って気質の仕事をしていた男がやむを得ない事情でやくざな世界に戻る姿を描いた人情物。大阪でいい顔のやくざ家業だった修治(高倉健)は今では漁師となって妻(いしだあゆみ)と暮らしている。この町に蛍子(田中裕子)という女が流れてきてきて飲み屋を開くが、蛍子のヒモ・矢島(ビートたけし)がやってきて暴れ回る。大阪の組織に連れられていった矢崎を助けて欲しいと頼まれた修治は、やくざな世界に自ら帰って行く。(追悼特別展「高倉健」図録より)

あ・うん

向田邦子原作の映画化で、不器用な3人の男女の愛憎をコミカルに描く。また藤純子は富司純子(すみこ)と改名して17年ぶりにスクリーンに復帰した。水田(板東英二)一家が3年ぶりに東京に帰ってくるのを、親友・門倉(高倉健)が温かく迎える。門倉は水田の妻・たみ(富司)を密かに思っている一方、娘のさと子(富田靖)をわが子のように可愛がっている。そんな門倉は、たみへの想いを吹っ切ろうと水田に喧嘩を売る。(追悼特別展「高倉健」図録より)

鉄道員(ぽっぽや)

高倉健が17年ぶりに古巣東映の作品に出演した人情ドラマ。頑固で実直な鉄道員として気概と誇りを胸に生きた男・乙松(高倉健)が、定年目前となり自らの人生を振り返る。職務に忠実なあまり仕事優先の人生を送り、生後2カ月で死んでいった娘や、病で死んだ妻(大竹しのぶ)を看取ることができなかった。そして近く廃線となる幌舞線とともに一人で定年を迎えようとしている。そんな時、目の前に成長した娘(広末涼子)の姿が現れる。(追悼特別展「高倉健」図録より)

「鉄道員(ぽっぽや)」
Blu-ray&DVD発売中 Blu-ray:3,850円(税込)DVD:3,080円(税込) 販売:東映 発売:東映ビデオ

ホタル

「鉄道員(ぽっぽや)」のメイン・スタッフが再集結して製作した。特攻隊で生き残った男の悔根を描く人間ドラマ。戦争の傷をかかえて生きる山岡(高倉健)と妻の知子(田中裕子)。時代が平成に変わったある日、山岡は`知覧の母`と言われた富子(奈良岡朋子)から、特攻で死んだ金山少尉-本名キム・ソンジェ(小澤征悦)の遺品を韓国に届けて欲しいと頼まれる。金山は実は知子の初恋の男だった。夫婦それぞれの想いを抱えて韓国へ飛んだ。(追悼特別展「高倉健」図録より)
「ホタル」Blu-ray&DVD発売中 Blu-ray:3,850円(税込)DVD:3,080円(税込) 販売:東映 発売:東映ビデオ 

ライター
木村光則

木村光則

きむら・みつのり 毎日新聞学芸部副部長。神奈川県出身。2001年、毎日新聞社入社。横浜支局、北海道報道部を経て、学芸部へ。演劇、書評、映画を担当。

カメラマン
ひとしねま

中村藍

毎日新聞社

新着記事